2013-11-24(Sun)

男体山

男体山(2486m)

日時:2009年7月
天候:晴れ
同行者:ワタナベ

日帰りで行ける日本百名山のうちの一つ、日光の男体山に登った。
登山口は、中禅寺湖畔の二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)。

神社で入山料(500円くらいだったかな?)を払い、神社の敷地の奥の登山口から登り始める。
華厳の滝や、中禅寺湖へ行ったことがある人なら、中禅寺湖のすぐわきに大きな三角形の山がそびえているのを見たことがあると思うけど、それが男体山。

登山口の二荒山神社からは、標高差約1200m。ほぼ、直登。

男体山1
登り始めてしばらくして、登山口の方を振り返ると中禅寺湖が見える。

男体山2 男体山3

明るい林の中をどんどん登っていく。
直登ルートなのでキツいけど、標高はどんどん稼げる。

男体山4

五合目の標識。
こんなのあったっけ?まあ、写真を撮っているということは、あったのだろう。

季節は夏、天気は晴れ。
登山ルートは迷う心配のない、ほぼ一本道。
登る前は、「ちょろい山だな」と思っていたけど、五合目辺りで思っていたよりハードだなと感じ始めた。
たぶん、同行者のワタナベのペースが速くて、それに合わせて登っていたからだと思うけど、足場もよく、ほとんどプレッシャーを感じることのない登山のはずなのに、思っていたより早く疲れ始めた。

ちなみに、登山道はこんな感じ。
見ての通り、ゴツゴツした岩場の直登ルート。
男体山5 男体山6

が、まあ歩いていればどんどん山頂に近づいてくるわけで、木の様子も変わってきた。
男体山7 男体山8

はい、山頂。
男体山9

のはずだったのだけど、あとでいろいろ調べてみると、山頂だと思ったこの銅像が建っているところは山頂じゃなかったのかも知れない。
逆光で見えにくいけど、この銅像は「二荒山大神御神像」という像で、確かに登山道を登り詰めたところに建っている。一瞬、ここが最高地点かと思ってしまうが、どうも男体山の山頂は、そこから数十メートル奥の鳥居があって大きな剣が刺さっている地点だったのかも知れない。

そういえば、この像の周りには三角点もなかった気がするし、山頂の標識もなかった気がする。
何時間もかけて登ったのに、まさかの山頂誤認識か…。
像から鳥居まで歩いて2、3分の距離だったはずなのに、なんてこったい。

う~ん、これでは「男体山に登った!」とは言えないなあ。

仕方がないから、どこかでもう一回登るか。
幸い、男体山なら日帰り圏内だし、シーズン初めのトレーニングで登ってもいいし、秋の晴れ間のどこか一日を見つけて登ってもいいし、すぐに登るチャンスは来るでしょう。

実は、このレポートは登った季節が7月で、山頂に着いたときにはガスが上がってきちゃって眺望が良くなかったので山頂(付近…)からの写真がほとんどない。
(真夏は、日が昇るにつれて気温がどんどん上がり、雲ができちゃうのであります→もっとひどいと雷雲)

本来であれば男体山の山頂からは、日光白根山、皇海山、燧ヶ岳、那須岳、うまくすれば遠くに富士山まで見えるはずだけど、このときは一番近くの日光白根山すら見えなかった。

なので、次は真夏以外のどこか晴天の日を選んで登ることにしようっと。

その時は、周りの山の写真を撮りまくるぞ!

10倍返しだッ!

No.015
男体山編
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR