2014-08-28(Thu)

甲斐駒ヶ岳(2014.8)その④

その③に戻る

さて、問題の下り。

山頂から、巻き道の方へ下ると正面に摩利支天が見える
カイコマ2-28

仙水峠から見たときは、見上げる感じだったけど、山頂からは見下ろす感じになる。
ピークの向こうは、完全な断崖絶壁。

砂礫地帯をしばらくいくと、樹林帯になる
カイコマ2-28-2

林越しに、北岳(3193m)が見える
カイコマ2-29

北岳は、富士山に次ぐ、日本第2位の高峰。
まだ、登ったことはない。

しばらく進むと、双児山(ふたごやま)の山頂に着く
カイコマ2-30
(看板がハゲてしまって、なんて書いてあるかわからない)

ここから先は、本当に林の中。
ダラダラと長い下りが続く。

脚の状態は、すこぶる好調。
この登山でおろした新しい登山靴も非常に調子がいい。
試し履きもせず、いきなり実戦投入したけど、痛いところも全くなく、足に完全にフィットしている。

バスの時間までかなり余裕があるので、ゆっくりしたペースで下っていく。

すると、だんだん標高が低くなるにつれ、あるものが目につくようになった。

そのあるものとは…

キノコ

いろんな種類のキノコがそこかしこに生えている。

カイコマキノコ1 カイコマキノコ4

カイコマキノコ2 カイコマキノコ3

カイコマキノコ5 カイコマキノコ6

相変わらずキノコの種類(名前)はわからないけど、ヤバそうなキノコばかりだ。

カイコマキノコ7 カイコマキノコ8 
 
カイコマキノコ9 カイコマキノコ10

一つくらい、食べられるキノコがあるのだろうか?

いろんなキノコを探しながら下りて行ったので、今回の下山はあまり苦にならなかった。
時間的な余裕がないときはできないけど、余裕があるときはただ下るだけじゃなくて、なんか面白いことをやりながら下るといい。
疲労度が全然違う。

カイコマキノコ11 カイコマキノコ12

カイコマキノコ13 カイコマキノコ14

カイコマキノコ15 カイコマキノコ16

キノコ図鑑ができちゃうくらいの枚数の写真を撮ったけど、名前のわかるキノコが全くない。

まあ、最後の単調な下りを楽しむ方法があるってことがわかったので、それは大収穫だったかな。

結局、こんなに遊びながら下ってきたけど、当初の計画よりだいぶ早く登山口まで戻って来れた。
脚も足も、ぜんぜん平気。

うーん、いったい9年前のあの疲労は何だったんだろう?
事前の準備や心がけで、ここまで変わるものなのだろうか?

もし、この峠の山小屋に泊まって明日、仙丈ヶ岳(3033m)に登れと言われれば、登れる。
そのくらい体力的な余裕を残したまま下山できた。



ここから、またバスに乗りふもとの駐車場まで戻り、着替えてクルマに乗って帰路に着く。

途中、(諏訪で、だけど)甲州名物の「ほうとう」を食べて、中央道に乗った
カイコマほうとう

中央道に乗る前に、大渋滞していることはわかっていたけど、この日のうちに戻らなければいけない理由があったので、覚悟を決めて高速に乗った。
案の定、大月から八王子まで、断続的な渋滞。

結局、諏訪で高速に乗って、家に着いたのは5時間以上経った、夜の11時半ごろ。

朝、4時前に起きて、登山をして、渋滞の高速を5時間以上運転して、家に到着。
タフな一日でした。

そんな中、
家に着くちょっと前に、ラッキー?なことがあった。

クルマのメーターの数字が…
メーター

8並び、88888kmになった。

ちょうど、赤信号で止まったので、写真を撮ることができた。

このクルマでは、ずいぶんいろんなところに行ったなー。
9万キロ近く乗っているんだなー。

でも、まだ超調子がいいので、もうしばらくは頑張ってもらうかな。

(ちょっと気になるクルマがないわけではないけど…)


天候不順で、北アルプス2泊3日計画を変更して登った甲斐駒ヶ岳、
一日の中にいろんなことが凝縮された、いい登山でした。

No.004-2
甲斐駒ヶ岳編(その④)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

お疲れ様

登山+長時間の運転お疲れ様でした。
そしてありがとう。
また近いうちに連れて行ってください。
プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR