2014-08-25(Mon)

甲斐駒ヶ岳(2014.8)その①

甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ=2967m)

2014年8月24日(日)
天候:晴れ時々曇り
メンバー:登山部3名

前回登ったのは、2005年10月となっている。
その時のレポートは、これ→甲斐駒ヶ岳(2005.10)

そのカイコマに9年ぶりに登った。
ルートは、前回と同じ、北沢峠→仙水小屋→仙水峠→駒津峰→山頂→駒津峰→双児山→北沢峠というルート。
前回は、ブログにも書いてある通り、途中でガス欠に陥って下山した時にはもう精根尽き果てたといった状態になってしまった。
理由は、経験不足というか、まあ一言で言えば山をナメていたというか…。
とにかくコテンパンにされた記憶がある。

本当ならこの週末は、北アルプスに2泊3日で行っているはずだったのだけど、あいにく天気が悪く北アルプスをあきらめて、南アルプスの甲斐駒ヶ岳に登ることにした。
アプローチは、前回(山梨側から入った)とは逆、長野県の伊那市から入ることにして、伊那に前泊した。

次の日は、4:00に起きなければならないので、晩飯は軽く街中で飲んで、名物のソースカツ丼を食べて早めに撤収。
カイコマ2-1 カイコマ2-2

ホテルに戻り、テレビを見ながらゴロゴロしているとだんだん眠くなってきたので、寝ることにした。
眠りに着いたのは22:00ちょい前くらいか。
「世界不思議発見」を見ていたような、いないような…ZZZ

朝、3:00過ぎに目が覚めた。
0:00ごろに一回目が覚めて、その後は1時間おきに目が覚めてしまい、3:00過ぎに目が覚めてからはもう寝れなかった。
まあ、5時間くらい寝れたので、とりあえずいいか。

シャワーを浴びて、山の格好に着替えて、山に持っていく水や非常食の準備点検をして、4:45に集合場所であるホテルのロビーに向かった。
少しすると部員2名が順次降りてきて、3人全員そろったので、登山口に向かうバスが出る、戸台口に向かう。
戸台口までは、ホテルからクルマでだいたい30分強。
途中、桜で有名な高遠城址の近くを通り、どんどん山へ入っていく。

戸台口から登山口の北沢峠へ向かうバスの始発は、6:00なので、余裕を持って30分前到着を目指して行ったのだけど、予定通り5:30にバス停に着いたら、もうバス待ちの乗客で大混雑している。
直近の伊那市のホテルに泊まり、4:00に起きてきた我々よりも早い人たちっていうのは、いったいどういう動きをしているのだろうか?

クルマを駐車場に置き、着替えてバス乗り場に行きチケットを買い、順番待ちの列に並ぶ。
カイコマ2-3
もう、バスが3~4台先発しているのにこの状況(まだ、6:00前)
我々が乗ったのは、5台目くらいか?

バスに40分くらい揺られて、登山口である北沢峠に到着。
カイコマ2-4
すでに、標高は2000mくらいある。
甲斐駒ヶ岳の山頂は、2967mなので、ここから正味1000mの登山が始まる。

前回(9年前)、コテンパンにされた甲斐駒ヶ岳に、今回は無事に登ることができるのだろうか…

No.004-2
甲斐駒ヶ岳編(その①)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR