2014-05-31(Sat)

道具の整理

フライのシーズンは、3月1日の解禁から始まり、9月30日に終わる。
10月1日以降は、魚の産卵期に入るため、また禁漁期間になる。

解禁当初は水温も低く水生昆虫の羽化も少ないので魚の活性も上がらず釣りが難しいらしいけど、だんだん暖かくなってきて魚の活性が上がってくる季節なので、最近は周りでも渓流に釣りに行ったという話をけっこう聞く。

しかし、相変わらずワタクシはまだ道具が全部揃っていないので、現場に出ることができない。

そろそろちゃんと道具を買わなければ、と思い上野のSANSUIに道具を買いに行った。

買わなければいけないのは、
①ウェーダー(腰くらいまである防水素材のタイツというかズボンというか、そんなヤツ)
②シューズ(ソールがフェルトになっていたりラバーになっていたり、渓流を歩く滑り止め機能のあるブーツというか何というか…)
③ランディングネット(釣れた魚をすくう網(あみ))
④偏光サングラス(水のキラキラを通して水中まで見えるようなヤツ)
⑤フロータント(フライを浮かせる揮発性のある液体…)
⑥フォーセップ(説明省略)
⑦ティペットクリッパー( 〃 )
⑧フィッシングベスト(ポケットがたくさんついていて、いろんな道具を入れておけるもの)
そのほかにも、書き切れないくらいいろんなものを買わなければいけない。

まず、上野駅で腹ごしらえ。
たいめいけんのモーニング↓
道具1-3

で、いよいよSANSUIに向かった。
お店に入っていろいろみていると、あれもこれも欲しくなってしまう。

が、一応目的があってきたのだから、ちゃんと目的を果たすべく買うべきものの物色を始めたのだが…

??

何を買っていいのかわからない。
ウェーダーにしてもシューズにしても、ベストにしても、いろいろ種類があって結局どれを選んでいいのかわからない。
一つひとつが安いものじゃないので、買ってみて使えませんでした、ということになると辛い。

う~ん、やっぱ経験者の人についてきてもらわないと買えないなあ。
困った。

というわけで、結局またフライタイイング(フライを巻く方)の道具を買って帰ってくるハメになった。

しかも、道具というより道具を整理する、整理キット。

現場からどんどん遠ざかっているような気が…

ま、いいのだ。

家に帰って早速道具の整理をしてみた。

スレッド(フライを巻く糸)の収納↓
道具1-1

糸とか、ワイヤーとか、60巻くらい収納できるらしい。
収納と言っても、ケースじゃなくて棒に刺してまとめるだけだけど。

あとは、釣り針のケース↓
道具1-2

釣り針は、サイズ、形状などとにかくいろいろな種類があって、一つひとつ買ってきたときのケースに入れておくと場所を取って困るので、一つのケースにインデックスを付けて収納してみた。
これで、半分。
もう1ケースある。

道具をきちんと整理しておかないと、ゴミと間違えて捨てちゃう人が(うちに)いるから、収納には気を使うのだ。

で、この日の夕方、ちょっとクルマで出かける用事があったので、ついでに外でキャスティングの練習をしてみた。
場所は、自然の川。
と言っても、渓流ではなく護岸整備された近所の川。

川幅は30mくらいあり、足場もしっかりしているので練習にはもってこいの場所(を発見した)。

どういう練習かというと、フライの代わりに(釣りに使う道具だけど)ハリの付いていない小さい金属の道具を結んで、それがちゃんと狙ったところに投げられるか、という練習。
その小さい金属の重さで飛ばすのではなく、フライのラインをうまく使ってラインのループがほどける力で、ラインをターンさせて…と、ちょっと説明が難しいのでこの辺にしとくけど、とにかく竿を振ってフライ(に見立てた小さい金属)を投げる練習。

理由はわからないけど、最初からうまくいった。
まっすぐ、きれいに投げることができた。

だいたい、15mくらい先に思った通りの軌道で、うまく投げることができた。
何度やっても、うまくいった。

なので、調子に乗ってもう少し遠くに飛ばそうと思ってラインを長めに出してみた、ら…
失敗した。

ただの失敗ではなく、その金属片が自分に向かって飛んできた。
夕方、薄暗い中で、黒っぽい小さい金属をヒュンヒュン飛ばしていたので、見えないのは無理もないのだけど、とにかくフライのラインって複雑な動きをするので、ラインの動きと金属の動きが予測できず「あれ?失敗した」と思った瞬間、その金属が首筋をかすめていった。
かすめていったというより、当たった。

しかも、血が出た。

あぶね~。

ハリのついていない金属なので大丈夫と高をくくっていたけど、まさかこんなことになるとは。

これが、目に飛んできたら…、ハリの付いているフライだったら…と考えるとちょっと怖くなった。
最低でも、サングラスはしておかないと本当に危険だ。

ハリは、返しを潰して、刺さっても抜けるようにしておかないと。

ちょっとうまくいくようになったから油断したけど、慎重に取り組まないと危ないなー。

少し反省した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR