2015-10-31(Sat)

ペスケリアラルーナロッサ

お気に入りと言っておきながら、ここに来るのは久しぶりか?

いつものパスタランチ

ぺスケ1030-1

最初のころより、サラダの量が多くなった気がする。

今日のパスタは、鰆(さわら)となんとかのトマトソースとかそんな感じ。

ぺスケ1030-2

鰆とキノコだったかな?

魚のほのかな生臭さとトマトソースの酸味がいい感じ。

やっぱり、ここのパスタはおいしいわ。

赤坂ランチ/0324
スポンサーサイト
2015-10-29(Thu)

あうん酒場

とある店を目指していったのだけど、混雑していて入れず、近くの店に路線変更を余儀なくされて入ったお店。

といっても、初めて来たわけではなく、かなり前に、1、2回入ったことのあるお店。

九州産の食材を扱うお店なので、夜は、地鶏の刺身やら、馬刺しやら、きびなごの刺身やら、牛肉、黒豚、からしれんこん…、
九州のおいしいものが全部食べられるお店(夜は来たことないけど)。

しょうが焼き定食を注文。

あうん1029

ご飯の炊き方がかなり柔らかめだけど、おいしい。

これで800円

この界隈の相場からするとかなり安い。

味と値段を考えると、なかなかレベルの高いお店だな。

また来ようっと。

赤坂ランチ/0323
2015-10-28(Wed)

曼陀羅舎&天香回味

大皿料理が食べたいというオーダーがあり、曼陀羅舎へ。

ワタクシもここの大皿料理は好きなのだけど、おかずの品数が豊富でご飯が進むので必ずお代わりしてしまう。

あと3週間、できれば体重を増やしたくないので(すでに、ダイエットは頓挫…)、ご飯のお代わりができない一品料理を注文。

オムライス(エビフライ付)

曼陀羅舎1026

ご飯のお代わりしなくても、こっちの方がカロリーが高い可能性が…

ガーン

赤坂ランチ/0321

**********************

天香回味

左に行くとサラダランチ(イルカシータ)、右に行くと、この天香回味という岐路に立たされ…

右を選択。

いつもの、薬膳っぽいスープの湯麺とひき肉ご飯のセット。

天香回味1028

麺を大盛りにしていないのに、けっこうなボリューム。

スープはいろんなスパイスが入っていて体によさそうな香りはするのだけど、ちょっと量が多すぎやしませんかね。

うーん、サラダランチにしとけばよかったかも…

赤坂ランチ/0322
2015-10-26(Mon)

瑞牆山(2015.10)その③

その②へ

下りの桃太郎岩を過ぎ、沢に出ると空が開けていたので見上げてみたら、飛行機雲ができていた。

ミズガキ24

やっぱり秋だなぁ~

空が高い!

とにかく、天気は最高で湿気もなくカラッとしているので汗もかかない。

どちらかというと、登りよりも下りが得意なワタクシですが、この日はいつにも増して足取りが軽く、休憩も取らずいつまででも歩いていられる感じがした。

富士見平小屋に到着。

ミズガキ25

我々と同じ、瑞牆山から降りてきた人、
金峰山から降りてきた人、
それ以外にも、この日はこの富士見平小屋のテント場で野営するために、テントを設営している人たちなどでごった返している。

10分ほど休憩を取り、駐車場目指して最後の下り。

最初の急な下りを過ぎると、あとは林の中の緩やかな下山道。

ミズガキ26

師匠と六ちゃんも楽しそうに下山してくる。

もう駐車場まではあと一息。

なんだかこの登山が終わってしまうのが名残惜しい。
そんな気持ちになるほど、気持ちのいい登山だった。

さて、無事に下山したのでご褒美↓

ミズガキ27

運転手の六ちゃんには申し訳ないけど、遠慮なくいただきました。
う~ん、この瞬間が一番幸せ♪

下山した後、駐車場から少し先にある、ある場所へ。

その、ある場所というのは…、10数年前、植樹祭が行われた場所。

山奥なのに広い駐車場と、芝生の広場があり、ところどころに木が植えられている。

いい季節なので、けっこうたくさんの人で賑わっている。

ミズガキ28

犬も気持ちよさそうに散歩している。

こっちに来い~、こっちに来い~、と念じてみたけど、知らんぷりしてスタスタ歩き去ってしまった。

その、芝生の広場から見上げた瑞牆山。

ミズガキ29

この角度からは山頂は見えないけど、花崗岩の岩肌が瑞牆山らしさを表している。

手前の紅葉、これは自然の木ではなく、植樹祭で植えられた木のようだ。

もっと言うと、中段の右端の赤い木(イロハモミジ)と中段の左端の濃い黄色の木(ミズナラ)は、天皇陛下がご植樹された木らしい。

記念碑もあったりする。

ミズガキ32

なかなかいい構図の写真が撮れたぞ♪

ん?

ミズガキ33

真ん中よりちょっと右、一番奥に見えるのが山頂かも。
独立している岩は、大ヤスリ岩ではないかな?

距離の関係で、一番高く見えないけど、たぶん右奥の三角が山頂だ。

つい2時間半前まであそこにいたんだな。

登った山を下山後にこんなにいつまで眺め続けるのも珍しいなぁ。

う~ん、名残惜しい。

でも、そろそろ帰らないといけないので、車に乗って出発。

途中、車窓から紅葉のトンネルを堪能したり、車を停めて沢に下りてみたり、今年最初の紅葉を思う存分楽しんで帰りました。

ミズガキ31

ミズガキ30

今年最初(で最後になる可能性が高い)の登山は、近年まれにみる最高の登山でした。

また、来年もいい登山ができるといいなぁ。

六ちゃん、2日間運転お疲れさまでした。

また一緒に行きましょう!

No.007-2
瑞牆山(その③)
2015-10-25(Sun)

瑞牆山(2015.10)その②

その①へ

この日の山頂は風も比較的弱く暖かかったので、普段より長めに滞在した。
普通は、3時間、4時間かけて登っても山頂にいるのは10分とか20分くらい。

でも、この日は30分以上いたんじゃないかな?

なので、写真をたくさん撮った。

ミズガキ14

遠くに見える稜線は、南アルプス。

甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳なんかが確認できる。

東を見ると、金峰山(きんぷさん)、右奥には富士山のシルエットも見える。

ミズガキ15

金峰山の山頂付近をズームで撮ってみると…

ミズガキ16

山頂は、左の小高い出っ張り。
そのすぐ右に、ちょこんと飛び出た岩みたいなのが見えるけど、あれが金峰山の象徴の五丈石(ごじょういわ)。

八ヶ岳をバックに、師匠と2ショット

ミズガキ17

とまあ、大勢の人でごった返している山頂で何枚か写真を撮りながらのんびりしていたら…

急に、変な声を出し始めた人がいた。

おぉお~

ぉお~

ぉお~

みたいなうめき声のような。

何かと思って見てみたら、山伏というのかな修験者とでもいうのかな?
そういうカッコをした人と、その人に付いてきたと思われる、弟子というか信者というか、そんな集団が祈りを始めていた。

ミズガキ18

富士山の方を向いて、手を合わせて、何やらお祈りをしている。

そのうち、なんか言い始めた。

この状況から期待されるのは、神道の呪文みたいな、なんか聞いても意味がわからないような言葉だったのだけど、
意に反して、普通の日本語をしゃべっている。

世界がなんちゃらとか、平和がなんちゃら、とか。
普通の人が喋るような言葉でいろいろ言っている。

で、それが終わると、リーダーみたいな衣装を着た人が振り返って、弟子みたいな人にシャカシャカお祓いを始めた。

ぶぉーん!

ぶぉーん!

ぶぬぉーん!!

みたいな唸り声をあげたかと思ったら、

次には、

ぐわーん!

ぐわーん!

ぐぬわーん!!

という奇声に変わり、シャカシャカお祓いをしている。

信者みたいな人たちは、静かに頭(こうべ)を垂れている。

一応、やっている当事者たちは厳かな雰囲気を醸し出していて、真面目にやっているのだけど、
こちらとしては、不謹慎にも笑いを堪え切れなくなってしまった。

一連の儀式は10分くらいで終わったかな?

最初は、なんだかやべぇ集団が来たかと思って焦ったけど、終わってみたら別に普通の人たちだった。

結果的に、貴重なものを見せてもらえたのでいい経験になった。

ミズガキ23

こんな感じで富士山に向かってお祈りをしていた。

まあそんなこともあり、山頂での滞在時間が長くなってしまったけど、そろそろ下山を始めなければならない。

ミズガキ19

登ってくるときに見上げた、大ヤスリ岩を山頂から見下ろしたところ。
下山ルートは、登ってきたルートと同じ道を引き返すので、下山中もその大ヤスリ岩の横を通ることになる。

あそこまで15分~20分くらいかな?

下山開始。

この日は絶好のコンディションだったので、あとからどんどん登ってくる人がいる。
基本的に、登山道は登り優先なので、一本道をすれ違う際には下山者が道を譲らなければならない。

つまり、交わせる場所に留まって登ってくる人を先に通さなければならない。

そうこうしながらも順調に下山していき、例の大ヤスリ岩の下に来たら…

クライミングをやっている人たちがいた。

この垂直な大ヤスリ岩を登っている。

ミズガキ20

どこに人がいるかわかるかな?

写真でいうと、ど真ん中のちょっと左くらい。

拡大するとこんな感じ↓

ミズガキ22

ロッククライミングをやっている人を見たのは、谷川岳以来かな?

怪我なく登りきれるといいな。

この岩を過ぎると、しばらく林の中の下山道。

急な下りなので、転ばないように慎重に下っていく。

No.007-2
瑞牆山編(その②)

その③へ

2015-10-24(Sat)

瑞牆山(2015.10)その①

瑞牆山(2230m)

日時:2015年10月24日(土)6:00~12:00
天候:快晴
同行者:師匠、六ちゃん

今年は夏の終わりに計画していた北アルプスが季節外れの秋雨前線の影響で中止になり、危うく一度も山に行けないままシーズンが終わってしまうところだったが、運よく秋晴れの最高の一日に瑞牆山に登ることができた。

瑞牆山、読み方は「みずがきやま」

ブログを見ると、2006年5月に登っている。
もう、9年も前の話だ。
以来、2回目の瑞牆山登山。

前回は、早朝発の日帰り登山だったけど、今回は前日に登山口の瑞牆山荘に泊まり、次の日に宿から出発するプラン。

瑞牆山荘
ミズガキ05

標高は1520m
中央道、須玉ICから一般道を1時間くらい走って到着。
着いたのは夕方の4:00ごろ。
日もだいぶ傾き、標高が高いせいもあり気温は10℃前後まで下がってきていた。
(ダウンジャケット着てるし…)

着いてから宿の周辺を登山口の方まで散策。
午後4:00を過ぎて暗くなり始めているというのに、まだ下山してきている人がいる。

晩飯は、宿の食堂でビールを飲みながら。

ミズガキ06

来る途中、談合坂のSAで食べたスタ丼がほとんど消化できていないまま、早めの夕食。
はっきり言って、ご飯を食べる余裕はない。

けど、明日の登山に備え炭水化物を摂っておかなければいけないので、無理してお茶碗一杯のご飯は食べた。

晩飯が終わり、部屋に入ってゴロゴロしながら話をしていると、六ちゃんが無反応になった。
見たら、寝ている。
六ちゃんは朝、一番早く起きたから、無理もない。

21:00近くなったので、就寝。

明日は、5:30起き、6:00出発の予定。

飛行機じゃないのに、耳栓&アイマスクをして寝る。
デリケートなワタクシは、眠りに就くのが遅い上に、人のいびきが聞こえると寝れないのであります。
なので、山に行くときは必ず耳栓&アイマスク。

21:00に就寝することなんかほとんどないので、夜中に何度も目が覚めたけど、目が覚めてもすぐに次の眠りに入れたので、朝まできっちり寝ることができた。

起床後、急いで顔を洗ってコンタクトを入れて、歯磨きをして着替えて準備して出発。

朝飯は夜のうちに「おにぎり」を作ってもらっていたので、宿では食べず登っている途中で休憩中に食べる予定。

朝、ひんやりした空気の中、ゆっくり歩き始める。

紅葉が始まっている登山道。

ミズガキ07

歩くこと、小一時間で富士見平小屋という山小屋に出る。

小屋の前にベンチやテーブルがあるのでそこで朝食にした。
急いでお湯を沸かし、フリーズドライのスープを溶かし、イワシの醤油煮の缶詰を開け、宿で作ってもらったおにぎりを食べる。

少し歩いて体が目覚めたころで、お腹が空き始めていたので、すぐにおにぎり2個を食べ終わった。

この山小屋は、我々が登ろうとしている瑞牆山(日本百名山)と、これまた日本百名山で瑞牆山のとなりの金峰山(きんぷさん)との分岐になっていて、みんなこの小屋で休憩を取るのでとにかく人がたくさんいる。
天気も最高なので、特に人が多いようだ。

混雑する登山道を歩くのはストレスが溜まるので、食べ終わったらさっさと出発。

途中、林の木々の切れ間から山頂付近が見えた。

ミズガキ08

山頂付近は、切り立った岩の塊。
う~ん、カッコいい!

一度沢筋まで降りて、沢を渡り、ここから山頂まで一気の登り、というところに面白い岩がある。

ミズガキ09

「桃太郎岩」というらしい。
桃の形をしているから?それとも、真っ二つに割れて桃太郎が出てきそうだから?
とにかく大きな岩。
右端の梯子を登っている人と比べると大きさがわかるかな?

桃太郎岩からは本当に直登というか急登というか、とにかくどんどん標高が高くなっていく感じが実感できる。
その分、キツイのだけど…

ミズガキ10


もう、頂上まであと少しというところで、直立する大きな岩の下に出る。

山頂付近にあるので、遠くからでもよくわかる岩。

いくつか呼び名があるのかも知れないけど、調べてみたら一般的には「大ヤスリ岩」と呼ばれているらしい。

ミズガキ11

岩を見上げる師匠と、カメラ目線の六ちゃん

とにかく、ここまでくれば山頂まであと一息。

この大ヤスリ岩と山頂との合間の樹林帯を直登し、一度山頂の裏手に回り、最後のクサリ場と梯子を登ると…

はい、山頂に着きました!

ミズガキ12

日本百名山
秩父山塊の西の端っこにそびえる岩峰であります。

師匠と六ちゃんも

ミズガキ13

登山開始からのんびり休憩を含め、3時間強で山頂に到着。

ゆっくり登ってきたので、疲れはまったくない。

そして、天気は最高。

360度のパノラマが広がっている。

こんなにコンディションのいい登山は、久しぶりだ。

No.007-2
瑞牆山編(その①)

その②へ

2015-10-23(Fri)

瑞牆山(みずがきやま)

明日、瑞牆山に登ります。

今日は登山口の瑞牆山荘に宿泊。

来る途中、ダムを通ってきた。

ミズガキ01

みずがき湖

紅葉の始まった湖畔の木々、湖面に映る雲。

秋だな~

明日はいい天気になるといいなぁ~
2015-10-22(Thu)

山傳丸

久しぶりの山傳丸

お昼、ど真ん中の時間に行ったら凄く混んでいた。

運よく、満席になる前に座れた。

注文したのは、アラ煮定食みたいな感じのやつ。

山傳丸1022

ぶり大根みたいなのがメインかな。
ぶりのアラでぶり大根を作った感じのが、左奥にある。

あと、お刺身が2種類4切れ。

メインのボリュームがけっこうあって、お腹いっぱいになった。

健康的なランチだった。

赤坂ランチ/0320
2015-10-19(Mon)

はなぜん

30分くらいでランチを済ませたかったので、会社から一番近いお店へ。

運よくすぐに入れた。

とり天がメインの定食。

はなぜん1019

少し遅い時間に行ったので、作り置きの天ぷらではなく、注文してから揚げてくれた。

熱々のとり天に、九州のたまり醤油??(ちょっと甘めの醤油)と練り辛子をつけて食べる。

超おいしい。

鶏肉に甘辛い下味がついているので、ただの天ぷらみたいにあっさりしていないので、ご飯がもの凄く進む。

とり天以外にも、明太子、高菜、辛子れんこんと、ご飯が進むおかずがいろいろある。

ということで、ご飯のお代わり。

「どのくらいにしますか?」と聞かれたので、

「いっぱい」と答えたら、ホントにいっぱい出てきた。

満腹♪

赤坂ランチ/0319
2015-10-18(Sun)

秋晴れ

土曜日、雨だったので一日家でゴロゴロしていた。

が、日曜日は晴れたので外に出ることにした。

家から片道1時間くらいのところにある、成田山へふらっと行ってみた。

散歩1

散歩2

本殿というのかな?ここは参拝客全員が来る場所なので、成田山新勝寺にお参りに行ったことのある人は、みんな見たことがあると思う。

が、この日は天気がよかったので、いつもいかないところを散歩してみることにした。

本殿の裏は、大きな森になっている。
梅林とか、藤棚とかあるみたいなので、花が咲く季節にはたくさん人が来るのかも知れない。

散歩3
こんな感じのところから入って行く。

散歩4
梅林のはずだけど、葉っぱが散っちゃっているので、梅の木なのか何なのかよくわからん。

15分くらい歩くと、奥の方に大きな池がある。

散歩5

広い敷地だけど、ちゃんと手入れがいきとどいている。

成田空港が近いので、空港から離陸する飛行機が見える。

静かなお寺の庭園に離陸する飛行機の音が響いて、なんだか不思議な感じだ。
2015-10-15(Thu)

ドラゴンレッドリバー

10:00~13:00の研修の後、ランチへ。

メンバーの一人が、13:30から次の打合せがあるとのことなので、30分しか時間がない。

なので、Bizタワー1Fのドラゴンレッドリバーでサクッと済ませることにした。

麻婆豆腐+餃子のランチセットを注文。

そしたら、いきなり、「サービスです!」と言って、揚げ餃子を2個出してきた。

中華1015-1

いきなりぶっきらぼうに、「サービスです!」と言われても、いったいなんのサービスだかわからない。
いるのかいらないのか、こちらの意思を確認するでもなく、いきなり「サービスです!」と、半ば強制的に…
しかも、揚げ餃子のお味は、あまりおいしくない…

そんなのをいきなり突き出してきて、ドヤ顔で、
「サービスです!」と言われても…

食べながら、

「サービスです!」

頭の中でその言葉が延々と繰り返されて、なんだか笑いたくなってしまった。

「サービスです!」

「サービスです!」

「サービスです!」

あー、もう頭からその言葉が離れない。
どうにかしてくれ~と思っていたら、すぐに注文した料理が出てきた。

お、おぅ

ずいぶん早いじゃないか…

中華1015-2

ちなみに、一緒に行ったメンバーはワタクシ以外は女子2人。

同じように、定食っぽいメニューを注文したのだけど、注文の際に女子2人は「ご飯少なめで」と伝えた。
逆にワタクシは、「ご飯多めで」と言った。

で、結局出てきた定食のご飯の量を比べてみると…

全部同じに見える。
見えるというか、全部同じ。

まったくこっちの話を聞いていないではないか。

これも得意の、

「サービスです!」

で片づける気か?(笑)

こっちの希望を全然聞いてもいないのに、サービスもクソもあったもんじゃないな。
まったく。

で、肝心のお味は…

オロオロ…

餃子は作り置きなのね。

ずいぶん前に作って保温器具でずっと一定温度に保っていたような味。
(どんな味だ?(笑))

麻婆豆腐は、熱い。

でも、これはたぶん作りたての熱さではなく、(鍋かな?)保温器具の設定温度が高かったからだと思う。
そういう熱さ。

なんかこう、突っ込みどころ満載な感じ。

時間優先じゃなかったら、次に来るかわからない。

いろいろ面白かったから、不思議と腹は立たないけど、冷静にランチとして考えてみると自発的に来ることはないかな、たぶん。

でも、

「サービスです!」

を聞きたくなったら、また行くかも。

赤坂ランチ/0318
2015-10-14(Wed)

やげん亭

やや急いでランチを済ませたかったので、超ソッコーで食べられる三分坂の途中の500円カレーの店へ。

げ、閉まってる。

どうしたんだろう?
ランチの営業、やめちゃった??

仕方がないので、どこか違うお店に入らなければと思い、行った先は「やげん亭」

注文したのは、カツカレー

やげん亭1013

500円カレーを食べるつもりで会社を出たので、カレーのスイッチが入っちゃってたから、結局カレーに落ち着いたというわけ。

ここは、トンカツにカレーをかけないで出してくれるので、最後までトンカツがサクサクしていておいしい。

カレーを食べることはできたので、当初の目的の半分は果たせたけど、結局遠回りしてこのお店に入ることになったために、急いでランチを済ませたいという目的は果たせず。

でもまあ、おいしかったからいいや。

赤坂ランチ/0317
2015-10-11(Sun)

川治

去年の12月、初めて連れて行ってもらって超感動した日本橋浜町の川治へ10ヶ月ぶりに行った。
前回の帰り際に上司が次会の予約をしたのだけど、超人気店で先の先まで予約で埋まっており、なんと予約を取れたのが10ヶ月後。

つまり、今回はその10ヶ月前に取った予約を行使する会でした。

お店に入り、席に着くとさっそく料理がどんどん出てくる。
(料理は、コース料理1種類のみ)

枝豆とカラスミ
KWJ-1.jpg

枝豆はまあビールに合うけど、2品目でカラスミ??

日本酒を早く飲め、とそう言われているのか…?

次は、煮穴子
KWJ-2.jpg

冷たい煮穴子
煮汁がニコゴリになっていておいしい。

やっぱり、日本酒を飲まないといけないのか??

鮎の干物
KWJ-3.jpg

頭からかぶりついて、骨も鰭(ヒレ)も全部食べて、尻尾だけになっちゃった。
これはビールにも合うけど、焼酎か日本酒向けのおつまみだなあ。

次、ハモの天ぷら
KWJ-4.jpg

これはビールが一番合うかな。

ちなみに、対面の2人は一杯目の生ビールの後、ソッコーで日本酒に切り替えている。

ワタクシは、生中3杯まで飲んで、次は芋焼酎(お湯割り)に切り替えた。

KWJ-5.jpg

サンマのなめろう
(誰だ!写真を撮る前にこんなに食っちまったのは!)

次は…
KWJ-6.jpg

タコのカルパッチョ

箸休めにちょうどいい。

KWJ-7.jpg

と思っていたら、蒸し牡蠣登場。
生牡蠣に見えるけど、蒸してあるので熱々をいただく。

芋焼酎グビグビ♪

えーと、次は??
KWJ-8.jpg

ハマグリの酒蒸し?

貝、2連発。

これも焼酎が進むなぁ♪

グビグビ

KWJ-9.jpg

ここでお刺身が登場。

生ビールのあと芋焼酎のお湯割りを2、3杯飲んでお腹がふくれてきたので、ここで日本酒に切り替えた。

何種類かあったけど、「月山」の冷やばかりガンガン飲んだ気がする。
何せ、このお店はお猪口じゃなくて、コップで飲むからついついペースが早くなってしまう。
何をどれくらい飲んだか、結局覚えていない…。

お刺身の次は、
KWJ-10.jpg

鯛の塩焼き。
熱々で出てきたので、ホクホクした白身がおいしい。
塩加減も絶妙。

KWJ-11.jpg

毛ガニ

もう、酔っ払ってカニの身をほじくり出すのが面倒くさい。

けど、全部きれいに平らげました。

写真は、次で最後

KWJ-12.jpg

たぶん、クジラのステーキ

ちょっと生臭いので、薬味のネギがたくさんのっている。

この後、あと2~3品出てきた気がするのだけど、いい加減酔っ払っちゃって写真を撮るのを忘れてしまった。

魚&日本酒が好きな人なら、一度は行ってみるべき。

でも、予約は取れないけど。

今回も帰り際に上司が次会の予約をしていった。

10月の何日だったかな?

そう、来年の10月。

なんと、ついに12ヶ月待ちになっちゃいました。

でも、また行きたい♪

ごちそうさまでした。
2015-10-10(Sat)

長野

ぶどうを買いに長野まで。

去年は9月の後半に買いに行ったのだけど、今年は予定が合わず、ちょっと遅くなってしまった。

ここ数年のお気に入りは、「ナガノパープル」という品種。

巨峰みたいな大きなツブで種なし。
しかも、皮の渋みも少ないので、皮ごと食べられる。

ナガノパープルばかりを、大量に買いこんで帰ってきた。

しばらくは、ぶどう祭りだな。

長野に行くといつも寄るおそば屋、善光寺の近くの「元屋」でおそば。

長野1009-2

鴨せいろとか、天ぷらそばとか食べてた時期もあったけど、最近はもっぱら「もりそば」

結局、これが一番おいしい。

ちなみにワタクシの食べ方は…
(元屋で食べるとき限定の食べ方)

わさび、ネギなどの薬味はまったく使わない。
おそばの風味がわからなくなっちゃうからね。

その代わり、おそばに七味をちょっと振りかける。
つゆに入れるのではなく、盛ってあるおそばにちょこっと振りかける。

元屋の近くには、有名な八幡屋磯五郎(長野の定番お土産の七味唐辛子のお店)の本店がある。
で、元屋のテーブルに置かれているのも、その磯五郎の七味。

これがおそばの薬味にちょうどいい。

次に元屋のおそばを食べられるのは、来年の春かな。

今から待ち遠しい。
2015-10-09(Fri)

ZAIKKA(ザイカ)

いつものスペシャルセット(カレー2種類+チキンティッカ)だけど、+150円してナンをチーズナンにしてみた。

ZAIKKA1009-1.jpg

ZAIKKA1009-2.jpg

チーズが間にたっぷり入っている。
チーズの割合の方が多いのではないか?というくらいたっぷり入っている。

これをカレーにつけて食べると…

超おいしい!

カレーのスパイスの香りとチーズの濃厚なコクが合わさって、なんとも言えないおいしさ。

+150円にする価値は十分にある。
なんで今までしなかったんだろう。

このチーズナン、カレーにつけなくてもおいしい。
なので、ナンばかり先にパクパク食べてしまいカレーが余ったので、ナンのお代わりをした。

出てきたのは、普通のナン。
(ハーフって言わなかったら、一枚丸ごと出てきた!)

焼き立て、熱々のナン。

ZAIKKA1009-3.jpg

これはこれでおいしい。

ふー、食った食った♪

と、腹をさすっていたら、最後に店員さんがサービスでラッシーを出してくれた。

ZAIKKA1009-4.jpg

サッポロビールのビールグラスに入っているのはご愛嬌として、このラッシーもとてもおいしい。

完全に常連認定されております。

また来週行こうっと。

赤坂ランチ/0316
2015-10-08(Thu)

炎麻堂

夏は食べ終わった後に汗だくになってしまうので、敬遠していた炎麻堂へ。

酸棘湯麺+マーボー丼

炎麻堂1008-1

マーボー丼にも、途中からお酢をかけて食べた。

酸味が効いてさっぱりした味で最後まで食べられる。

これからもっと涼しくなってきたら来る頻度が増えるんだろうなー。

やっぱり、ここはおいしい。

赤坂ランチ/0315
2015-10-07(Wed)

イルカシータ

焼け石に水かも知れないけど、サラダランチ…

バイキング形式なので、お腹いっぱい野菜を食べることができる。
ベーコンチップとチーズ以外は、全部野菜。

1回目
カシータ1007-1

2回目
カシータ1007-2

いくらたくさん食べても夕方にはお腹が空いてしまう。

なので、おやつのお菓子を食べてしまう…

はぁ…

赤坂ランチ/0314
2015-10-06(Tue)

同源楼

中華が食べたいという人がいたので、ダメ元で同源楼に行ったら、入れた。

何を食べてもおいしいので迷うのだけど、けっきょくいつもの肉定食を注文。

今日の肉定食は、回鍋肉(ホイコーロー)

同源楼1006-1

凄い量だ…

同源楼1006-2

食べてみたら、おいしいのだけどなんだか辛い。

回鍋肉って辛かったっけ?

辛いのは好きだしご飯も進むから別にいいんだけど。

最後にデザートの杏仁豆腐

同源楼1006-3

もっとたくさん食べたいのに、ちょこっとしか入ってない。

これで、880円

満足でした。

赤坂ランチ/0313
2015-10-05(Mon)

よし田

今週のランチは魚からスタート。

久しぶりの、よし田。

夜は、ちょっとお高そうな割烹料理屋さん。

よしだ1005

煮魚定食。
魚は銀ダラだったかな?白身で脂がのっていておいしい。

漬物と、温泉玉子、味噌汁などがついて、1,300円

ランチでこの値段だとすると…

夜に来るのはちょっと勇気がいるな。

誰か連れて行ってくれないかな?

赤坂ランチ/0312
2015-10-04(Sun)

B-1グランプリ

無事に終わりました。
1年ぶりに再会したメンバーと2日間、目一杯働いてお酒を飲んで、また働いて...
今日は疲れ果ててしまったので、詳細はまた後日ご報告いたします。
2015-10-03(Sat)

サライ

トルコ料理を食べに、サライへ。

ビーフケバブランチ(大盛り)を注文。

サライ1002-1

サライ1002-2

メインのケバブは、ビーフ&チキンのミックスにすればよかったかな?

これはビーフのみ↓

サライ1002-3

最後に、デザートのアイス

デザートは、ぐるなびかなんかのサイトを見せると付いてくる。

本当は事前に予約しておかないとサービスしてくれないらしいけど、今回は特別に予約なしで出してくれた。

サライ1002-4

これで、1,050円
(大盛りにしなければ、950円)

けっこうお得じゃないですか?

赤坂ランチ/0311
2015-10-01(Thu)

チェルバイア

お昼を境に天気が悪くなってきた。

爆弾低気圧が成長中とのこと。

そんな中、外ランチを強行。

なかなか入れないはずのチェルバイアが空いていたので入れた。

チェルバイア1002-1

チェルバイア1002-2

サラダが、なんとなく付け合わせのサラダって感じじゃなくて、ちゃんと作ってある。
ドレッシングも手作りなんだろう。
おいしい。

チェルバイア1002-3

パスタは、エビとマッシュルームとトマトのリングイネ

ちょっと平べったい楕円形のパスタ。

歯ごたえがあっておいしい。

味付けは、オイルと塩だけかな?

最後にデザートとコーヒー。

チェルバイア1002-4

最近、ちょっとおいしいもの食べすぎだなぁ…

赤坂ランチ/0310
プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR