2015-02-28(Sat)

デビュー戦報告

ついに、実戦デビューしました!

場所は、「うらたん」こと、うらたんざわ渓流釣り場

管理釣り場なんだけど、渓流をそのまま使っている場所もあり、自然渓流に近い釣りができる。

朝、8:00に師匠と現地で待ち合わせ。
なので、朝の5:30に家を出て、中央道をぶっ飛ばす。
相模湖ICで降りて、相模湖を横切り山道へ。
峠を一つ越え、道志川沿いの谷をどんどん登っていくと、その「うらたん」に着く。

首都高、中央道ともに順調に流れていたので、家から2時間ちょうどで到着。

師匠はまだみたいなので、入漁券を買ったり朝飯を食べたりしてのんびり待っていたら、師匠が到着。
さっそく準備して、釣り開始。

こんな格好(ワタクシ)↓
うらたん1-1
朝は、ちょっと寒かった…

で、さっそく釣り始めたが、気温(水温)が低いのか、魚の活性が今イチぱっとしない。

が、キャスティングにも慣れてきて、狙ったところにフライを落とせるようになってしばらくしたら、魚が反応してきた。
2度、3度、魚がフライをくわえるチャンスがあったけど、いずれもアワセに失敗してフッキングまで至らない…

フライはキャスティング(仕掛けを飛ばすこと)もほかの釣りと方法が大きく異なるのだけど、アワセも難しい。
というのは、フライを自然に流すために、フライラインを少したるませて自然に流しているので、急に魚が出てきてアワセても、そのたるみの分だけアワセが遅れてしまう。

うーん、難しい。

しばらくドライフライ(浮かべるフライ)を流したけど、フッキングまでもっていけないので、フライをチェンジ。

今度は沈める方のフライ(ニンフ)を試した。
フライを沈めるので、糸にマーカーをつける。
マーカーは文字通り目印の役目を果たすのだけど、同時にウキの役目もある。

このウキが引き込まれたら魚が食っているということだから、そのタイミングでアワセればいい。

そうこうしているうちに、ちょっと離れたところで釣っていた師匠がニジマスを釣りあげた。
さすが師匠。

こちらも負けてはいられないが、なにせこっちは実戦が初めてなので、釣れても釣れなくても、キャスティングしているだけで楽しくてしょうがない。

今までは、絶対にヤマメもニジマスもいないところで黙々と練習していただけだけど、今回はフライで釣れる魚が実際に泳いでいるところでやっているわけだから、楽しさが全然違う。

狙ったところにフライを落とせるだけで楽しい。
そのフライに魚が反応して寄ってくるのを見ているだけでドキドキしてくる。
なにせ、自分で巻いたフライだから、なおさらドキドキ感が半端ではない。

雑誌を見たり、Youtubeで誰かがUPしている動画を見ながら見よう見まねで巻いたフライに、実際に魚が反応してくれるわけだから、楽しくて仕方がない。

ん?師匠がまた釣った。
今度は少し大きなイワナだ。

でも、こちらもだんだんタイミングをつかんできたので、釣れるのは時間の問題だ。

流しているのは、ニンフ。

マーカーが何度か引き込まれるのだけど、アワセのタイミングが合わず何度かチャンスを逃していたのだけど、ついにフッキングに成功。

フライで初めて釣りました↓
うらたん1-2

ニジマス

サイズは、測ってないけどけっこうデカかった。
30cmくらいあった気がするのだけど、測ってないから実際のところは不明。
(写真の撮り方も下手くそで魚の顔が見えない…)

うーん、もう少し感動が大きいかと思ったけどそうでもなかった。

何度もフライにアタックする魚を見ていて、ホントに釣れるのは時間の問題だと思っていたからかな。
でもまあ、無事に記念すべき1匹目をゲットいたしました。

本当は、同じフライを何度も流していると魚に見切られるし、その日のヒットパターンをつかむために、もっと頻繁にフライをチェンジすべきなのだろうけど、なにせ寒くて手がかじかんで、フライを結び直すのが億劫で、ずっと同じフライで粘っていたので、午前中はこの1匹のみ。
(でも魚を釣る以外にも初めて経験することばかりで、かなり濃密で収穫の多い午前中だった)

お昼、お弁当+カップラーメンを食べて少し休憩。

午後からは、より自然の状態の渓流に行くことにした。

上流はこんな感じ↓
うらたん1-5 うらたん1-6

いかにも魚がいそうなポイントばかり。

で、その自然渓流区域に入ってすぐ、そんなに水深が深くなくてどちらかというと「瀬」に近いところで、師匠が「その辺、魚がいるかも知れないから少しやってみなよ」というので、やってみた。

ら、出た!

自分のいる場所から上流に向かってキャスティングして、自分の方に流れてくるフライを見ていたら、どっかから魚が出てきてフライを追いかけてくわえ込んだ。

すかさずアワセたら、一発でヒット!
というか、たぶんこういうシビアな状況で最初のアワセに失敗したら、もうこの場所ではノーチャンス。
その一発のチャンスを決めた。
(「あ!魚が出てきた」と気づいてからアワセるまで、2秒かそこらだったと思う)

午前中、何度も失敗したのは無駄ではなかった。
失敗の中で自分なりのタイミングをつかむことができていたんだな、うん。

で、その魚を慎重にネットに取り込んだら…

ヤマメでした。

フライを始めてから、一番釣りたかった魚、ヤマメ。

そのヤマメがいきなり釣れちゃいました。

これ↓
うらたん1-4 うらたん1-3

きれいだなー

フライは、♯20に巻いたピーコックパラシュート(ドライフライ)

うーん、感動。

こいつも、ヤマメにしてはまずまずの大きさ。
25cmくらいではなかろうか?
とにかく、きれいな魚だった。

最初のニジマスより、嬉しかった。

この1匹が釣れてからもう少し上流に行ったけど、あまり魚の気配がなく、釣れなそうなので師匠はまた下流に戻ることになり、逆にワタクシは偵察がてらもう少し上流に行くことにした。
集合時間を決めてしばらく別行動。

うらたん1-7

魚がいそうな淵がけっこうあったのだけど、やっぱり水温が低いからか、魚の反応はナシ。

上流の方は、より自然に近いので、川岸の木の枝や、枯れた草などがたくさんあり、バックキャストの際に何度かフライをひっかけてしまった。
フライをなくすことはなかったけど、いちいち外しに行かなければいけないし、ラインが絡まった場合はほどくのに時間がかかったり、大変だった。

けど、それも含めてすべてが初めての経験なので楽しかった。

しばらく上流まで歩いたら、大きな堰堤にたどり着いた。
これ以上は登れなそうなので、引き返すことにした。

帰りは、けっこう長く感じた。
釣り上がっていくときはそんなに感じないけど、けっこうな距離を登ってきていたんだなー。

戻って師匠と話をしたら、その後師匠はニジマスを何匹か釣ったらしい。

ワタクシも戻って同じところで釣ってみたけど、その後は1匹も釣れずに終わった。

一回、完全にフッキングまでもっていけたけど、やり取りの最中にラインの処理がうまくいかずにラインを緩めてしまい、バラシてしまった。

やり取りの最中のラインの処理も練習しないといけないなー。

うーん、結局このデビュー戦で釣ったのは、ニジマス1匹、ヤマメ1匹のみ。

でも、釣れた魚の数よりもいろんな経験ができたので、そちらの方の収穫が大きかった。

かなり大満足のデビュー戦でした。
これは、完全にハマること間違いなしです。

師匠、一日ありがとうございました。
スポンサーサイト
2015-02-27(Fri)

肉バル

新しいお店ができた。

なんとそこはお気に入りの和食系のお店があった場所。
つまり、そのお気に入りのお店が閉店し、代わりにこのお店が入ったということ。

ちょっとショック…

とはいえ、ちょっと興味があったので早速その新しいお店に行ってみた。

「肉バル/カーニヴォー」というお店。

オープン特別価格らしい。

注文したのはこれ↓
肉バル1-1

ステーキ丼

お肉はやわらかくておいしい。
でも、焼き肉のタレみたいな味。
ご飯に合うからまあいいのか。

真ん中の大きなお肉には柚子がのっていて、さわやかな風味があっておいしい。

ん?タマネギとお肉を焼き肉のタレみたいな味つけで焼いた肉の上に、違う味のステーキがのっている??
なんか、地味に手が込んでいるかもしれない。

最後にデザートが出てきた↓
肉バル1-3

あずきがかかったバニラアイス。
微妙に融けていて、逆においしい。

ちなみに、ほかの人が食べたのはこれ↓
肉バル1-2

サイコロステーキ

ステーキ丼は、1000円
サイコロステーキは、1200円

いずれもオープン特別価格。

ということは、本当の金額はもっと高いということね。

2回目、あるかなー?
(ビミョー)

赤坂ランチ/0212
2015-02-26(Thu)

月来ル

「月来ル」というのは店の名前だけど、たぶんどこの店かわかる人はいないと思う。

でも、会社から超近い。

九州料理の「はなぜん」の一軒先、ルスティカネラの向かい。

お店が開いていたり閉まっていたり、パターンが今イチ読めないあのカフェみたいな店。

の、牛すじカレー大盛り+温玉トッピング

月来ル1-1

サラダとお味噌汁がついて、900円(温玉トッピングの+100円含む)

大盛りにしたので、量的にはかなり満足。
しかも、このカレー、かなりおいしい。

ほどよい辛さ+スパイスの香りがちゃんとしている。

ホントにおいしい。

赤坂ランチ/0211
2015-02-25(Wed)

準備完了

買った小物をベストに装着してみた。


ベスト1-1


ベスト1-2

ネットを使用する局面が訪れるといいが…。

このベスト、ポケットが20以上付いている。

フライボックスを入れたり、そのほか細々した小物を入れるためのものだけど、必要なものを全部入れるとけっこうな重さになる。

一日中これを着て沢を歩きまわりロッドを振り続けるのはかなりハードな運動になるな。

登山より厳しいかも…
2015-02-24(Tue)

ミッジ

デビュー戦で主力になる予定のミッジを巻いております。

細かい作業なので、なかなか捗らない…

まだフライボックスの半分にもならない。

ミッジ3-1

丸いのは一円玉

こんな小さなハリでホントに釣れるのか?
2015-02-23(Mon)

俺のイタリアン/俺のフレンチ

最近はランチ時の行列もだいぶ落ち着いてきた。

前を通りかかったらすぐに入れそうだったので、久しぶりに入ってみた。

2人だったので、アラカルトで適当なものをチョイス。

サラダ
俺イタフラ1-1


前菜
俺イタフラ1-3

肉料理
俺イタフラ1-2

パスタ
俺イタフラ1-4

デザート
俺イタフラ1-5

あと、写真は撮ってないけど、パンとライス、それから飲み物が付いていたのでかなり満腹。

全部、それなりにおしかったけど、ランチ時はとにかくバタバタしていて落ち着いて食べられない。

誘われたらまた来るかも知れないけど、自発的にチョイスすることは…

しばらくないな。

食べ終わったらゆっくりできる雰囲気じゃないので、さっさとお会計を済ませて、店を変えてコーヒーを飲むことにした。

近くのホノルルコーヒーへ

ホノルルコーヒー0223

開店してだいぶ時間が経ったけど、相変わらず繁盛してるなー。

赤坂ランチ/0210
2015-02-22(Sun)

串カツ

先日、秘密のケンミンShowで、大阪の人は串カツを普段はあまり食べないというのをやっていた。

実際に、大阪で有名な串カツ屋で取材をしたら、お客さんのうちのほとんどが大阪以外から旅行で来ていた人だった。

そうだったのか。

安くておいしくて、The・大阪のB級グルメってイメージだったけど意外だったなー。

それを見て食べたくなったわけではないけど…
串カツ、食べてしまった。

串カツ1-1 串カツ1-2

ダイエットの敵だよなー…
2015-02-21(Sat)

ティムコ

来たるべきデビュー戦に向け、小物(アイテム)を買いに、行きつけのショップに行った。

フォーセップ、クリッパー、予備のリーダー、ティペット、フロータント、ドライシェイク…

今日はいつも丁寧に対応してくれるお気に入りの店員さんがいたので、遠慮なくいろいろ質問して納得のいく買い物ができた。

それだけでも満足だったのだけど、おまけにティムコのカタログをくれた。

ティムコというのはフライフィッシング用品全般を作っている国内のメーカー。
たぶん、国内のメーカーでは一番大きいのではないかな?
(ダイワとかシマノとか釣り全般ではなくて、専門メーカーではという意味では)

そのティムコの2015年のカタログをくれた。

こんな感じ↓
ティムコ1-1

薄く見えるけど、133ページもある!

72ページには、ワタクシが使っているバイスも載っている。
元々はフライ用品の輸入から始めたらしいので、今でも海外メーカーの製品も扱っているみたいだ。
ティムコ1-2

マテリアルなんかも↓
ティムコ1-3

ヤバいなあ、見ているとまたいろいろ欲しくなってくるなあ…
2015-02-20(Fri)

赤坂カツカレー探検隊

センパイとカツカレーを食べに行った。

今のところ、赤坂近辺のカツカレーでは、河鹿のカツカレーが1番だったけど、それに匹敵するカツカレーを発見!

まあ、元々有名なお店だから、発見というほどでもないのだけど。

とんかつ水野のカツカレー↓
水野1-1

とんかつは、ロースを選択。

さすがに、とんかつ屋のカツなのでおいしい。

カレーもカツカレーに合う、極めて普通の家庭のカレーみたいなカレー。

カツカレーのカレーは下手に凝り過ぎると逆に全体の味がまとまらなくて変なことになってしまうので、こういう普通のカレーの方がいい。

うーん、もっと早く来るべきだった。

赤坂カツカレーのエース格と認定してもいいかも知れない。

暫定順位ではあるが、

1位タイ:河鹿、とんかつ水野
3位:やげん亭

ごちそうさまでした。

赤坂ランチ/0209
2015-02-19(Thu)

ミッジピューパ

デビュー戦で使う予定のフライ、ミッジピューパを巻いた。

ピューパ=さなぎ

水中で成長したボウフラが、水面羽化するために水面にでてきて漂っている様子を模したフライ。

けっこう小さい↓
ミッジピューパ2-1

もう少し巻いておこうっと。
2015-02-18(Wed)

デビュー戦

デビュー戦の日程が決まった。

大きな道具はほぼそろったので、あとは小物を購入すればOKだ。

サングラス、フロータント、ティペットクリッパー、フォーセップ…

ちゃんと買うものをメモしてお店に行かないと、絶対に買い忘れるものが出てきちゃうな…

ブーツ
2015-02-17(Tue)

ペスケリアラルーナロッサ

今年2回目かな?

一時期、味がバラバラになってしまい、どうしたんだ?と心配していたけど、最近はまた安定してきた。
が、まだ完全に安心できるところまで信用が回復したわけではないので、定期的にチェックが必要。

というわけで、行ってみた。

今日は寒かったので、スープを選択↓
ぺスケ0217-2

パスタは、アラビアータ↓
ぺスケ0217-1

ふむ、パスタの茹で加減もまずまずだし、塩加減もなかなかよい。

強いて言うなら…
アラビアータというからには、もう少し辛くてもいいかな。

でもまあ、うまくまとまっているな。

よしよし。

かつて、パスタでは一番のお気に入りのお店だったから、チェックが厳しいのだが、

今日は合格。

また来ようっと。

蛇足ですが、
ホール係のお兄さんの接客は、安定してgoodです。

赤坂ランチ/0208
2015-02-16(Mon)

トレミール

ランチのメニューは、1種類。

肉、サラダ、パスタなどが盛られた、ワンプレートランチ

こんな感じ↓
0216-1.jpg

なんか、パスタがいつもより少し多いみたいだ。

ちょっと嬉しい。

コーヒー(or紅茶)+デザート
0216-2.jpg

これで、通常は1,000円

でも、ちょっと遅い時間に行くと100円おまけしてくれて、900円

けっこういいかも。

赤坂ランチ/0207
2015-02-15(Sun)

SIMMS

SIMMS(シムス)

フライを始める前には聞いたことのないブランドだったけど、どうやらこの世界では有名なブランドらしい。

フライベスト、ウェーダーはSIMMSのを買ったので、シャツも同じブランドで揃えたいと思っていたけど、気に入ったデザインのシャツで自分のサイズがなかなか見つからなかった。

が、ついに!とある店で発見!

試着してみたら、超ジャストサイズ。

即購入!
(というか、バレンタインのどさくさまぎれに妻に買ってもらった。へへへ)

ベストと合わせるとこんな感じ↓
SIMMS.jpg

デビューの日が待ち遠しい…
2015-02-14(Sat)

グリフィスナット

こんなフライを巻いてみた↓
GF.jpg

サイズは、♯19

けっこう小さめのフライなので、ミッジ系に入るのだろうか?

もう少し細長く巻きたいのだけど、どうもバランスが悪い。

水に浮かべて、姿勢を確認しなければ…
2015-02-13(Fri)

海皇

坦々麺が食べたい人がいたので、久しぶりに海皇へ。

辛い坦々麺セット↓
海皇1-1

このお店の坦々麺は、辛さが3段階(それぞれ味が違う)あるけど、その中で一番辛いやつ。

麺を大盛りにしたら、スープに浸かってない部分がある…
かなり適当な盛り付け。

点心とデザートが付いていて、これで1,200円(大盛りの+100円を含む)

味はまあまあだけど、コスパはあんまり高くないかな。

赤坂ランチ/0206
2015-02-12(Thu)

ミッジラーバ

今日は簡単なフライ。

ビーズヘッドをつけて、透明なビニール(ゴム?)を巻いただけ。

ミッジ(蚊とかブヨとか)のラーバ(幼虫)。

つまり、ボウフラってこと。

こんな感じ↓
ミッジラーバ2-1

30cmとか50cmくらいあるような大きなニジマスでも冬の間はこんなのを食べているらしい。
2015-02-11(Wed)

フローティングニンフ

ニンフボックスの残りを埋めるための一つは、フローティングニンフにしよう。

ニンフ(水生昆虫の幼虫)が、羽化のために水面に上がってきたところ。
羽化途中なので、背中から羽根が出てきたところ。

水面直下ギリギリくらいを流すのだろうか?

こんな感じ↓
フローティングニンフ02

ニンフとはいえ、羽化の途中を模したフライだから、温かくなって水生昆虫の羽化が始まるころに使うフライだ。
使うシーンは、まだまだ先だ。

でも、なんかこいつも釣れそうな気がする。
2015-02-10(Tue)

ニンフボックス

寒い時期は、虫が羽化しないので、ドライフライ(水に浮かべるフライ)には魚があまり反応しないので、水に沈めるフライ(ニンフフライ)を巻いている。

とりあえず、ニンフ用のフライボックスをいっぱいにしたいのだけど、けっこう大変。

今、こんな感じ↓
ニンフボックス2-1

あと、2列半ってところ。

個数で言うと、20個くらいか。

さて、何を巻いて埋めるか…。
2015-02-09(Mon)

曼陀羅舎

このお店も久しぶりの訪問。

曼陀羅舎

前回来たときは、エビフライカレーを食べた気がするけど、ここの売りはどちらかというと、この大皿松花堂じゃないかな?
こんな感じ↓
曼陀羅舎1-1

大皿におかずが10品くらい載っている。
今日は、卵焼き、辛子明太子、ほうれんそうのおひたし、卵サラダ、鮭の塩焼き、コロッケ、お刺身、おでん、豚しゃぶ。

真ん中のメイン(?)は、今日はすき焼き風の煮ものだったけど、かき揚げのときもある。
曼陀羅舎1-2

ご飯がすすむおかずばかりなので、当然お代わりしてしまった。

最後に、ドリンク↓
曼陀羅舎1-3

今日は寒かったので温かい紅茶。

赤坂ランチ/0205
2015-02-08(Sun)

フェザントテイルニンフ

今日もフライを巻いた。

4本

もっと巻きたいのだけど、途中で飽きてしまう…

本日巻いたのはフェザントテイルニンフ。
ニンフの中では定番のパターン。

こんな感じ↓
フェザントテイルニンフ3-1

脚のないパターンなので、上から見るとやや細め↓
フェザントテイルニンフ3-2

なんか、このフライは釣れそうな気がする。
2015-02-07(Sat)

ミッジピューパ

夜、一日一本でもいいからフライを巻くように心がけている。

まだまだフライボックスはスカスカなので、早くいっぱいにしないといけない。

今回巻いたのは、ミッジピューパ。

ピューパというのは、「さなぎ」の段階。

こんな感じ↓
ミッジピューパ1-1

ハリのサイズは♯20なので、まあまあ小さい方。

実際に水に入ると、もう少し直立して、下半分は水の中、上の茶色っぽい部分は水面上に出る感じになる(はず)。

蚊の幼虫、つまりボウフラが羽化する寸前、水面に上がってきて漂っている様子を模したフライ。

10m先で、このフライは見えるのだろうか?
2015-02-06(Fri)

トルコ料理 サライ

赤坂ランチパスポートの第2弾が出た。

自分ではまだ買ってないので、ほかの人のを借りて行った。

第1弾では、500円均一になるパスポートだったけど、第2弾は500円均一のほかに、プレミアムランチとして1000円メニューが登場。
いつもは、1000円以上しているメニューが、1000円で食べられるということ。

それを使って、トルコ料理のサライに行った。

ケバブランチの、ケバブがビーフになっているのと、サラダやデザート、飲み物まで付く。
普段1750円のメニューが、ランチパスポートを使うと1000円。

サラダとスープ
サライ1-1

メインディッシュ
サライ1-2

本当は、これと一緒にナンみたいなパンみたいなのが出てきたのだけど、写真を撮り忘れた…

デザート&お茶(ホット)
サライ1-3 サライ1-4

全体的に、手が込んでいる料理ばかりでかなりおいしい。

これが1000円で食べられるなら、けっこうお得だ。

第2弾ではプレミアムランチ狙いで行くかな。

さっそく、パスポートを買いに行こうっと。

赤坂ランチ/0204
2015-02-05(Thu)

THE SPICE

今日は寒かった。

朝から雨が降ったり雪が降ったり、変な天気だった。

そんな中、外にランチを食べに行った。

カレー屋

THE SPICE

2種類カレーのランチセット、カレーはチキンバターとマトンを選択。

注文するや否や、ソッコーでサラダとスープが出てきた↓
SPICE0205-1.jpg

スープはニンニクたっぷりのスープ。

メイン登場↓
SPICE0205-2.jpg

ナン、ライスともに食べ放題。

結局、ナンを1.5枚とハーフライス(バスマティ米)をぺろりと平らげてしまった。

うーん、おいしい♪

今日は寒かったので、飲み物はホットのチャイ↓
SPICE0205-3.jpg

お店に入ったときは比較的空いていたけど、帰るころには店内は満席で、外で待っている人までいた。

天気の悪い日なのに、凄い盛況っぷり。

まあ、おいしいからそれも納得だけど。

赤坂ランチ/0203
2015-02-04(Wed)

珉珉(みんみん)

超久しぶりに、珉珉へ。

ローカルな中華料理屋のくせに、いつも混んでいる。

味はまあ普通だけど、量がけっこう多いので、がっつり系の気分の時にたまに行きたくなる。

メインは、ドラゴンチャーハンを選択。

でも、チャーハンだけだと味が単調で飽きるので、焼き餃子も注文。

先に、餃子が出てきた↓
ミンミン1-1

ここの餃子の食べ方は少々変わっていて、醤油+酢+ラー油というオーソドックスなスタイルではなく、酢+黒コショウたっぷり、それだけっていうのを勧められる。
前は、お店の人が、「こうやって食べるんだよ!」と言いながら、勝手にタレを作ってしまい、オーソドックスなタレで食べようとすると小言を言われたけど、今日はそういうのがなかったので、オーソドックスなタレを自分で作って食べることにした。

まあ、最初の1回くらいは、このお店独自のスタイルで食べるのもいいと思う。
あー、こういう食べ方もあるのか、って新しい発見になるし。

でも、正直言って、タレは普通の方がおいしい。

餃子を一つ食べたところで、メインのドラゴンチャーハン登場↓
ミンミン1-2

大盛り。

かなりの量であります。

具は、チャーシュー、にら、卵とほかにも何か入っているのかな?
ニンニクは入っているなぁ。
それを、あっさり塩味で味付けしてある。

なんでドラゴンチャーハンというのかは知らない。

味はなかなかおいしいけど、量が多いので途中で飽きてしまう。
なので、たまに餃子を食べつつ、完食。

たま~に、食べたくなる味。

赤坂ランチ/0202
2015-02-03(Tue)

籠や

寒かったので、温かいものを食べようということになり、籠やへ。

ここは、うどん(冷or温)+おにぎりというメニューしかない。

当然、温かいうどん(大盛り)を選択。

出てきた↓
籠や3-1

見た目はいつもと同じ。

でも…

ワタクシは非常に猫舌でありまして、この熱々の状態では食べられないので、うどんを冷まそうと思って箸でごっそり持ち上げてみたら、なんかいつもと様子が違う。

ん?
うどんが太くなっている。

ここのうどんは、細めのうどん(稲庭だったかな?氷見だったかな?)だったのに、今日のうどんは太い。

食べてみたら、あれ?うどんが太いだけじゃなくて、なんかスープも違うぞ。
前は、濃厚なごまだれにお酢を入れてたのかな?
なんか酸味があってさっぱりした味だったのに、ごま感が薄まってサラサラの妙に甘ったるい味に変わっていた。

前の方がおいしかったような…

たまたま今日だけこの味だったのかな?
それとも、ずっとこの味かな?

近々、検証する必要がある。

また報告します。

赤坂ランチ/0201
2015-02-02(Mon)

ヘアズイヤーニンフ

久しぶりに、ヘアズイヤーニンフを巻いてみた。

ニンフだから、水中に沈めて使うフライ。

石の裏とかについている水生昆虫(幼生)を模したフライ。

こんな感じ↓
ヘアズイヤー2-1 ヘアズイヤー2-2

それにしても、このバイスは非常に調子がいい。

先日、♯26のミッジを巻いた時も、今回の♯14のニンフを巻いた時も、ハリが完全に固定されてピクリとも動かない。
まったくストレスがない。

買ってよかった。
2015-02-01(Sun)

鴻(オードリー)

神保町にカレーを食べに行った。

マンダラ、ガヴィアル、ボンディetc...

有名なお店がたくさんある、カレー激戦区の中で珍しいスープカレーの店。

「鴻」、これでオードリーと読むらしい。

鴻1-1

カレーのベースは黒と赤があって、黒は豚骨ベース、赤は鶏ガラベースだったかな?

ワタクシは、黒のカツカレー、3辛を注文。

こんな感じ↓
鴻1-2

お店の照明の角度が悪く、うまく写真が撮れなかった。

ちなみに、赤のチキンカレーだとこんな感じ↓
鴻1-3

味は、極めて普通のスープカレー。
具は、揚げたナス、ピーマン、柔らかくゆでたニンジン、ジャガイモ、ブロッコリー…
それから、半分に切ったゆで卵も入っていた。

これといった特徴もなく、普通のスープカレー。
辛さは、3辛というのを注文したけど、そんなに辛くない。

特に印象に残るものがない。

かといって、おいしくないわけではない。
普通においしい。

なんか不思議な感じ。

しばらく経ったら、また食べたくなるのだろうか?

いや、ここのカレーはたぶんすぐに忘れちゃうだろう。
覚えているような特徴がまったくない。

おいしいカレー屋はいくつかあるけど、中毒になるほどおいしいところって少ないんだよなー…

あ!

一軒あるわ。
中毒になるくらいおいしい店が!

思い出したら、食べたくなってきた。

仕事が落ち着いたら食べに行こうっと。
プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR