2014-09-29(Mon)

ラスコリエーラ

ラスコリエーラ

お昼時、カレー部の部長の藤居が珍しくワタクシのいるフロアに上がってきたので、一緒にランチに行くことにした。

数ヶ月前、お互いにダイエットを競い合っていた戦友。
久しぶりに会ったら、少し痩せていた。
(クソッ)

炭水化物はあまり食べたくないとかぬかしやがるので、サラダバーの店に行った。

サラダ+魚のグリルを注文

まず、サラダ↓
ラスコ1-1
真ん中にのっている温玉と、サツマイモ、フライドポテトがちょっとハイカロリーだけど、まあそのくらいはいいでしょう。

メインのスズキのグリル↓
ラスコ1-2

輪切りにしたジャガイモと、スズキ、それからトマトをそれぞれこんがり焼いて重ねてある。
ソースっぽいソースはかかってなくて、塩味とオリーブオイルでこんがり焼いた感じ。

なんか、ヘルシーな感じだ。

最後に、エスプレッソで〆

なかなかバランスのいいランチでした。

赤坂ランチ/0142
スポンサーサイト
2014-09-26(Fri)

天香回味&捨松

天香回味

けっこう前に何度か行ったことがある店だけど、ブログで紹介するのは初めてだと思われます。

中華料理というか、北方民族系の薬膳鍋のお店、かな?

基本的に、個室。
部屋の壁面にはこういう絵が描かれている↓
天香1-3 天香1-2

北方の騎馬民族が住むテントみたいな建物、ゲル(だっけ?)が描かれている。
動物の顔がなんかコミカルで笑える。

注文したのは、これ↓
天香1-1

翡翠麺(ひすいめん)という、緑に色づけされた麺。
スープは、薬膳系のスパイスたっぷり、ちょっと漢方薬のような香りのするスープ。
体に良さそうな気がする味。

それと、ひき肉がのったご飯、漬物、チャーシューと、デザートの杏仁豆腐。

けっこうボリュームがある。

満足でした。

赤坂ランチ/0140

***************

捨松

となりのBizタワーで、大盛りフェアをやっているので、どんな様子か偵察に行った。

各飲食店がそれぞれフェア用の大盛りメニューを出しているのだけど、その中で、大盛り天丼を出している捨松を訪問。

最初の目的どおり天丼を注文↓
捨松1-1

ご飯は少なめにしてもらったけど、このボリューム。
天ぷらは、キス、エビ、イカ、ナス…、煮卵(てんぷらじゃないけど)、あと丼からビヨーンとはみ出しているのは、サツマイモ。
サツマイモを長~く、薄~く切ったのをパリっと揚げてあるヤツ。
天ぷらというより、ポテトチップスみたいな食感。

全部で8種類あるはずだけど、ほかの具は思い出せない。

ちょっとタレが甘めなので、後味さっぱりとはいかなかったけど、常識的な量なので天丼を食べた後の後悔はなかった。

おいしく最後まで食べられました。

赤坂ランチ/0141
2014-09-25(Thu)

ガガンボ

新しいパターンのフライを巻いてみた。

ガガンボ

小さい頃は、蚊トンボと呼んでいた、蚊のお化けみたいなヤツ。

イワナやヤマメのエサになる昆虫らしい。

こんな感じ↓
ガガンボ1-1

長い足に見立てた水鳥の羽根(CDCという素材)をパラリと巻いた、簡単なフライ。

でも、簡単なだけに、それらしく見せるのが意外と難しい。

5個巻いてみた。

集めると、少し虫っぽく見えるかも↓
ガガンボ1-2

ホントにこんなので魚が釣れるのだろうか?
2014-09-23(Tue)

クリンクハマースペシャル

雑誌に載っていたフライのパターンを巻いてみた。

クリンクハマースペシャル↓
KS1-1.jpg

ちょっとハックル(水平に巻かれたワシャワシャした鳥の羽根)が暴れ気味だけど、まあ問題ないでしょう。

雑誌に載ってた写真、水中から見るとこんな感じに見えるらしい↓
KS1-2.jpg

実戦で使うのは、いつのことやら…
2014-09-21(Sun)

長野

昨年に続き、長野へ「ぶどう」を買いに行った。

長野に行った際には必ず寄る、おそばのお店、「元屋」
いつもどおり、鴨せいろを注文。

ぶどう0920-1

ぶどう
ぶどう0920-3 ぶどう0920-2

ぶどう0920-5

最近のお気に入りは、「ナガノパープル」
皮ごと食べられる、種なしの巨峰

そのぶどうを、おいおい誰がそんなに食べるんだ、というくらい大量購入…

この季節、長野は果物であふれている。
各種ぶどうを始め、りんご、梨、洋ナシ、栗…
もう季節も終わりのはずの、桃まであった。

1日目は、栗で有名な小布施まで足を伸ばして、これまた有名な「栗の木テラス」でモンブランを食べることができた。

2日目は、志賀高原から草津温泉に抜け、帰ってきた。

志賀高原は、この時期にもう紅葉が始まっている。

ぶどう0920-6 ぶどう0920-7

右奥の、木が生えていない山は、草津白根山
ぶどう0920-8
(写真を撮った場所は、国道日本最高地点の渋峠(2172m))

週末は、雨の予報だったけど、幸い2日間とも好天に恵まれた。

いい旅行でした。
2014-09-19(Fri)

やげん亭

今日は、揚げ物が食べたいような、カレーが食べたいような、そんな雰囲気だった。

さて、どうするか…

両方とも捨てがたい…

では、両方食べちゃおう、ということで「やげん亭」にカツカレーを食べに行った。

やげん亭0919-1 やげん亭0919-2

さすが、トンカツ屋だけあって、カツがおいしい。

カツカレーのトンカツも、ヒレとロースどちらかを選べる。
今回は(も)、ロースを選択。

うーん、おいしい。

普通に、辛しをぬって、トンカツソースをかけて2、3切れ食べたら、それもおいしかった。

一度に、いくつもの味を楽しめるのは、お得だなー。

赤坂ランチ/0139
2014-09-18(Thu)

炎麻堂&さとう

①炎麻堂

だんだん涼しくなってきたので、夏の間、避けていた炎麻堂の酸棘湯麺を食べたくなった。

これ↓酸棘湯麺+ミニ麻婆丼
炎麻堂0917

麺の方がそんなに辛くないので、麻婆丼の方を3辛にした。

ちょうどいいバランス。

ミニ麻婆を我慢できれば、もう少しダイエットが捗るのだけど…

赤坂ランチ/0137


②さとう

お昼に出るのが13:00を回ってしまったので、ハンバーグの「さとう」に行った。
13:00を過ぎると、通常200gのハンバーグを300gにしてもらえる。

さとう0918 さとう0918-2

ランチなのに、目の前の鉄板で、生の肉を成形するところから、一つ一つ丁寧に焼いてくれるお店。
うーん、おいしい。

300gでも…、ぺろり だな。

おいしかったです。

ごちそうさまでした。

赤坂ランチ/0138
2014-09-17(Wed)

ホイットレー

買ってしまった…

ホイットレーのフライボックス
ホイットレー1-1

これは、ドライフライ(水に浮かべるフライ)用のボックス。
全部で、16分割されていて、一つ一つにアクリルの蓋が付いている。
ピンを外すと、蓋がパカっと開く仕組みになっている。

アナログな仕組みではあるけど、カッコいい♪

ホイットレーのロゴ
ホイットレー1-2

リチャード・ホイットレー

人の名前か?

このボックスをフライでいっぱいにするには、相当な数を巻かなければならない。

長いシーズンオフの間、ゆっくりコツコツ巻くことにしようっと。
2014-09-16(Tue)

バンコクキッチン

ちょっと遅れた時間に一人でランチ。

一人のときによく行く、バンコクキッチン。

店に入ったのは13:00を過ぎていたのに、ほぼ満席。
なんじゃこりゃ?

今日は、Bランチを注文。

鶏肉、大根、香草系を煮込んだような具がのっかったライスヌードル+豚肉と唐辛子を炒めたような具がのっかったミニ丼のセット↓
バンコクキッチン4-1

ライスヌードルは、完全にあちらの味付け。
ナンプラーの風味が強いので、苦手な人には、??な味かも。
砕いたピーナッツがのっていて、香ばしい。

個人的には、好き。

デザートのタピオカまでついて、950円。

コスパ的にも、まあまあかな。

赤坂ランチ/0136
2014-09-15(Mon)

練習

フライフィッシングの練習

どうも、タイミング的に今シーズン中の実戦デビューはなさそう。
まだキャスティングがうまくできないから、まあ仕方がない。

揃えなければいけない道具も、まだまだたくさんあるし。

というわけで、今は練習あるのみ。

家からクルマで20分から30分くらいのところに、練習にちょうどいい川がある。
足場もいいし、対岸まで距離もあるし、後ろにも十分なスペースがあるし。

ここ↓
練習1-1

30分くらい、竿を振ってみた。
15mくらい先まではフライを飛ばせるようになった。

でも、まだ安定性がない。
うまくいくときもあれば、いかないときもある。

まだまだ実戦デビューは先だなあ…
(ゴルフでいったら、今はまだ、打ちっぱなしで練習している段階かな)

帰って、フライを巻いた。

最近は、ニンフ(水生昆虫を模した、沈めて使うフライ)ばかり巻いている。

フェザントテイルニンフ↓
練習1-2

このフライは、少し上手に巻けるようになった。
2014-09-14(Sun)

ロケハン

三連休の初日、海にハゼ釣りに行こうかと思っていたけど、たくさんつれてしまった場合、料理するのが面倒なのと、ハゼの顔を思い浮かべたら、急に釣ってしまうのがかわいそうになって、計画を変更した。

天気がよさそうだったので、日光の戦場ヶ原へ行き、フライフィッシングで有名な湯川(ゆかわ)の様子でも見てこようと思い、とりあえず日光方面へ向かった。

途中、佐野のアウトレットで買い物&腹ごしらえ
ん?クアアイナが新しく入ったのか?

じゃあ、クアアイナでハンバーガーでも食べるか。
クアアイナ1-1 クアアイナ1-2

ケチャップとマスタードを、これでもか、というくらいかけて…(タマネギが消えた!)
クアアイナ1-3

うーん、危険なおいしさ

飲食店以外も少しショップの入れ替えがあったみたいだ。
フライのウェアとか扱っている、アウトドアメーカーのFoxFireが入っていたので、ちょっとのぞいてみたら、
ティムコのフライフック(ハリ)やら、フライを巻くマテリアルなんかが売っていたので、3000円分くらい購入した。

まあ、今日の目的はショッピングじゃないので、買い物を早々に切り上げて、日光に向かった。

戦場ヶ原
戦場ヶ原1-2 戦場ヶ原1-1

川なんか、どこにも流れていない…
どうも、地図によるともっとずっと奥のようだ。
普段着で来てしまったので、草むらをガサガサ入っていくわけにもいかないので、とりあえず湯川はあきらめて(いったい、何しに来たんだ…)、もう少し上流の湯ノ湖(ゆのこ)に行ってみることにした。

湯ノ湖から流れ出した湯川は平坦な戦場ヶ原をゆったり蛇行して流れ、龍頭ノ滝を流れ落ちて中禅寺湖に注ぐ川。
その平坦な戦場ヶ原を流れるあたりがフライフィッシングの好ポイントになっているらしい。

というわけで、湯ノ湖
湯ノ湖1-1

おー、やってる、やってる。
何をやっているかというと、そう、フライフィッシング
湯ノ湖1-2

膝から腰くらいまで湖に浸かって、竿を振っている人が4~5人くらい見える。

湖のマスは、渓流で釣れるイワナやヤマメに比べサイズが大きいので、使っている道具(竿とかリール)は、ワタクシが持っているのより、ちょっとゴッツイ感じ。

ちょっと見ていたけど、釣れている様子ではなかったので付近を散策。

すると、水面に落ちてもがいている昆虫が!
湯ノ湖1-3

一生懸命、羽根をバタつかせているので水面にきれいな波紋ができている。
これ、まさにマスのエサ。

もしかしたら、この虫に向かってマスがライズするかな?と思って見ていたけど、ちょうど湖畔の散策路の木道の真下だったので、マスも警戒して出てくることはなかった。

そのうち、流れにもまれて見えなくなっちゃった。

こんな感じの木道が整備されていて、散歩できる↓
湯ノ湖1-5

木道の下を覗き込むと、カモがいた。
水に首を突っ込んで、しきりに何かを食べている様子。
湯ノ湖1-4

何を食べてるんだろう?
藻かな?

まあ、そんな感じで、またフライフィッシングをやっている人のあたりに戻って、しばらく見ていたら、釣れた人がいる。

この人↓
湯ノ湖1-6

釣れたのは、25cmくらいの、ブルックトラウト(たぶん)

50~70cmくらいのマスがかかっても大丈夫な竿なので、25cmくらいの魚がかかったくらいでは全然曲がらない。
なので、周りで見ている人は、釣れたのに気づいていなかったみたい。

湯ノ湖はマス釣りの超有名スポットなので、ここのマスはスレていて釣るのが難しいはずだけど、釣れる人には釣れるんだなー。

当初の目的である湯川は見れなかったけど、湯ノ湖のフライフィッシングを見れたからまあいいか。

帰りは、いろは坂を下り、日光宇都宮道路を通って宇都宮へ。

宇都宮といえば…

餃子でしょう!

というわけで、「みんみん」へ。

(う!看板が汚い…)
みんみん1-1 みんみん1-3

餃子は、一皿6個入り。
けっこう大きな餃子だ。

みんみん1-2 みんみん1-4

焼き餃子、水餃子、揚げ餃子を注文したけど、やっぱり焼き餃子が一番おいしいな。

カミさんと二人で、餃子30個完食いたしました。

また、食べに来ようっと。
2014-09-13(Sat)

河鹿のカツカレー

金曜日のランチ

センパイと一緒にランチに行くことになった。
揚げ物系で、体に優しくないものが食べたいというので、河鹿(かじか)のカツカレーを食べることにした。

赤坂近辺に河鹿は2店舗あるのだけど、センパイがよく行くのは、地下の河鹿。
ワタクシがよく行くのは、地上の河鹿。

今回は、地上の河鹿へ行った。

カツカレー↓
河鹿

いつもの安定したおいしさ。

でも、前はここに街の洋食屋っぽく、缶詰のサクランボが1つ付いていたような…
消費税がUPした余波で、なくなったのか?

まあ、別にもともとあっても残していたからいいんだけど。

二日連続のカツカレーだったけど、カツカレーとしてはこちらの方が断然おいしかったであります。

ごちそうさまでした。

赤坂ランチ/0135
2014-09-11(Thu)

フィッシュ

1ヶ月くらい前だったか、センパイに教えてもらって一緒に行った、フィッシュという店に一人でふらりと行ってみた。
(場所は、六本木一丁目なので、急いで歩いても会社から片道10分ちょいかかる…)

前回、センパイはカツカレーを目当てに行ったのだけど、カツカレーは時間がかかると店の人に言われ、結局違うのを食べたので、この店のカツカレーがどんなものか、調査して報告しなければいけないと思っていた。

そういうわけで、カツカレーを注文。

すると、やっぱり言われた。
「ちょっと時間かかりますよ」と。

でも、初志貫徹で今日はカツカレー。

10分ちょい待って、出てきたのはこれ↓
フィッシュ2

一目見て、あれ?と思った。
ちょっとカレーが緑っぽいなー、と。

まさか、タイカレー?

一口食べてみると…
タイカレーではない。
カルダモンの香りが強い、かなりさわやかな風味があるカレー。

中辛(2辛)を注文したので、ほどよい辛さで、まずまずおいしい。

カレーはおいしい。

が、しかし…
このカレー、トンカツには絶望的に合わない。

このカレーとの組み合わせでカツカレーは成立しない。

うーん、失敗した。

トンカツもカラッと揚がっており、それだけで食べるとおいしい。
でも、カレーと合わない。

やっぱり、カツカレーには日本的なカレーが合うんだな。
へたに本格的なスパイスカレーと合わせようとすると、こういう結果になるのか。

勉強になった。

1250円。

ちょい、高くついたかな。

でも、カツカレーじゃなくて、前回食べた「チキンカレー+キーマカレー」はすごくおいしかった。

今度行くことがあったら、オーソドックスなカレーにしようっと。

センパイ、
このお店のカツカレーは…、スルーしちゃっていいと思います。

赤坂ランチ/0134
2014-09-09(Tue)

炎麻堂

一人、ふらりと炎麻堂へ。

まだ、暑い季節なので、麺系は避けて普通の定食系を注文

炎麻堂0909

900円の定食に、プラス200円でミニ麻婆をつけた。

メインは、鶏のムネ肉をサクサクの衣で揚げたやつ。

うん、安定のおいしさであります。

赤坂ランチ/0133
2014-09-07(Sun)

山形県

9月5日(金)~7日(日)の3日間、山形県東根市で行われた、「た~んとほおバル フェスタinひがしね」に行っておりました。
(ワタクシは、土日の2日間のみ参加)

東根8

東根市(市と観光物産協会?)が主催する、市民の秋祭りみたいな感じの催し物。
お笑い芸人(一番メジャーなのはU時工事か?)とか、音楽バンドを数組呼んだり、食べ物の店がたくさん出たりして、まあ賑やかなお祭りでした。

ワタクシは、どのように参加したかというと、客としてではなく、お店を出す側の一員として参加してきました。

食べ物系のお店の目玉として、全国のご当地餃子を集めた、全国餃子祭りが行われたのだけど、その中の「浜松餃子」のメンバーとして。
大学のセンパイが、浜松餃子学会というのに入っていて、そのセンパイから「人手が足りないから手伝いに来てくれ」と2週間前くらいに打診されて、面白そうだからいいかと、つい軽い気持ちでOKしちゃって…

で、土曜日の朝、5:00前に起きて上野発6:18の山形新幹線に乗り、一路山形へ。
山形、遠い…
もう20年くらい前に、山形新幹線に一度乗ったことがあるけど、こんなに遠かったっけ?

9:20ごろ、会場のある「さくらんぼ東根駅」に到着、急いで会場に行くと、センパイが店の前で待っていた。
初対面の方々に急いで挨拶を済ませ、おそろいのTシャツを着て、持ち場を説明されて…

いきなり10時から開店。
(え?初めて会って、5分くらいの説明を受けて、もう開店ですか??)

しかも、開店前からお客さんが並び始めているではないか…

ワタクシの持ち場は餃子のパック詰め。
焼き上がった餃子を5個ずつパックに詰めること、それだけ。
ホントに、2日間一人でそれだけやっていた。

総勢5人の役割分担は、焼き2名、パック詰め1名、接客1名、プラス現場監督的な役割1名
え?、ワタクシもきっちりメンバーに組み込まれちゃってますが…

あとは、もう説明のしようがない。
10:00~20:00まで、休憩なし、立ちっぱなしで10時間!
途中、生ビールの差し入れをもらったり、焼き損じの餃子をつまみ食いしたりしながら、ひたすらパック詰め。

で、20:00に焼き終わり、それから30~40分で撤収作業を完了し、静岡の裾野市の「水餃子」のチームの人のクルマに載せてもらって宿に行き、すぐに風呂に入って、21:20に呼んであったタクシーに乗って、懇親会会場へ。

そこで、市の経済部長さんとか、観光物産協会の会長さんなど、地元の主催者側の方々とご挨拶を交わし、酒を酌み交わし、24:00くらいまでドンチャン騒ぎをして、お開きになったらまた宿にクルマで送ってもらい…

宿に着いて、近くのコンビニで酒を買い込み、部屋に戻って2次会兼反省会。
で、ようやく2:00前に就寝。

日曜日

6:40に起きて、朝風呂に入って、朝飯食って、着替えをしながら「錦織がジョコビッチに勝った」というニュースを見て、
8:30に宿を出発。

会場に着いてすぐさま開店の準備。
開店は10:00だけど、9:20ごろには焼き始めていたかな?

この日も開店前からお客さんが並び始めている…

で、10:00~14:00まで、またまたノンストップパック詰め。
最終日の販売は15:00までなので、14:00までに焼けるだけ焼いて、あとはみんなで売り切ったという感じ。

3日間トータルで、(浜松餃子だけで)4200食も売れたらしい。
おそらく8割くらいは土日の売上だと思うので、ざっくり計算で、
4200食×0.8×5個(1パック5個入りだから)=16800個!

16800個の餃子をパック詰めしましたよ、全くの初心者であるこのワタクシが…
ジーン…

とまあ、そんな余韻に浸る間もなく、撤収作業開始。
ワタクシは17:40くらいの新幹線を押さえていたけど、浜松隊はそれで帰ると、浜松着が23:30くらいになっちゃうとのことで、風呂にも入らず一本前の16:00台の新幹線に飛び乗って帰って行った。

となりのブースの「(三重県)津の揚げ餃子」チームは、日曜日はどうやっても名古屋までしか帰れないので、山形にもう一泊して、月曜日の朝に飛行機で帰ると言っていた。

宇都宮隊は近いので、のんびりしているかと思いきや、我々浜松隊より早く撤収して、風のように帰ってしまった。

今回、一番お世話になった裾野の水餃子のチームは、クルマで来ていたらしく電車の時間を気にせずマイペースで撤収作業をしていた模様。

仙台隊は、わりとゆっくり目だったかな?
リーダー格の人が、最後まで残って、各地の部隊に「お疲れ様でした」って声をかけ、にこにこしながら送り出していた。

みんな、餃子サミットでしょっちゅう顔を合わせているらしく、すごく仲がいい。

浜松と宇都宮は、お互いライバル視しているかと思ったけど、全然そんなことない。
お互い、健闘をたたえあって、「じゃあ次会は○○の会場で!」みたいな感じで挨拶を交わして、さーっと引き上げて行く感じ。

で、ワタクシは駅で浜松隊を送り出してから一人で日帰り温泉に寄って汗を流して、予定通り17:40くらいの新幹線に乗って帰った。

2日間、写真を撮るヒマがほとんどなかった。
けど、なんとか証拠写真を残さなければ、と思いヒマを見つけて数枚撮った。

日曜日朝の会場(開店前)
東根1 東根2

なんで、こんなにだだっ広いかというと、店の前に一直線に行列ができるから。
で、パイロンを立ててあるのが、我々「浜松餃子」の店。
行列が長くなりすぎるので、3列くらいにしないと収用できないから、パイロンが立っている。
(パイロンが立っているのは、我らが浜松餃子だけ!)

餃子だけで、10店舗くらいあったかな?
ポスターに載っている以外に、地元の中華料理屋さんも参加していた模様。

会場の雰囲気がわかるのはこの写真だけ↑

オンタイムの賑わいっぷりは、写真を撮る余裕が全くなく、撮れていない…


東根3 東根4
THE 田舎の駅!って感じ。

新幹線が、普通の電車みたいにホームに入ってくる…
東根5 東根6

来た来た~♪

…、

…、

東根7
近けーよ!!

びっくりしたなー

うーん、フェスティバルの写真が全くないのは困ったなあ。
雰囲気が全然伝わらん。

あとで、センパイにもらうか。

とまあ、そんな感じで、忙しい週末でした。

また、浜松隊に呼ばれてどこかに行くことがあったら、そんときはちゃんと写真を撮ってきます。
2014-09-05(Fri)

THE SPICE

タイトルだけUPして、記事の更新を怠っておりました。
すみません…

THE SPICE

この日は、バターチキンカレーと、マトンカレーを注文

まず、サラダとスープ
SPICE0905.jpg

ニンニクスープのニンニク感がさらに鮮明になってきたなあ。
前はちょっとクリーミーなポタージュっぽかったけど、もうこれはニンニクそのままって感じ。
まあ、おいしいんだけど…

カレー+ナン×1/2+バスマティ米×1/2登場
SPICE0905-2.jpg
飲み物は、ラッシー

うん、カレーもナンもライスもいつも通りおいしい。

というわけで、ナンをお代わりしてしまった。
しかも、ハーフじゃなくて一枚丸ごと…
SPICE0905-3.jpg

う~ん、満腹中枢が破壊されてしまうほどうまい。

赤坂ランチ/0132
2014-09-04(Thu)

四川雅園

今日のランチは四川雅園

混んでいて入れないことが多いけど、今日は少し時間が外れていたので入ることができた。
それでも、相席でどうにか、という状況。

四川雅園1-1 四川雅園1-2
前菜と、漬物と、メイン+ご飯

四川雅園1-3 四川雅園1-4
遅れて、スープとデザート

これで、830円。
うーん、この味と内容、ボリューム、値段…
ランチエリアの中で、中華料理としては最上位に位置する店であることは間違いない。

もっと空いていれば、もっと頻繁に行くところだけど、そうするとダイエットにはブレーキがかかってしまうし…
イタシカユシだ。

ところで、中華料理ネタでもう一つ。

昨日の夜、家でテレビを見ていたら、「孤独のグルメ」をやっていた。
たまに、チャンネルが合うと見ることがある番組なのだけど、昨日は見ていて「あれ?」と思った。

なんか見たことある店だな?と。

そう、以前このブログでも紹介した、青山のシャンウェイという中華料理屋だった。
以前の記事→青山シャンウェイ

松重豊が、名物料理の、毛沢東スペアリブにかぶりついていた。

見てたら、また行きたくなった。
けど、テレビで紹介されちゃったからなー…
しばらく、予約が取りづらいだろうなー。

しかし、テレビで紹介するほど有名なお店だったとは…
意外なこともあるもんだ。

赤坂ランチ/0131
2014-09-03(Wed)

フライボックス

ここ数日、夜は毎日フライを巻いている。

集中力が続かないので、1日に、2個か3個くらいしか巻けないけど、毎日やっているとなんとなく指先の感覚が繊細になってくる気がするので、時間のある時はできるだけ巻くようにしている。

今、巻いているのは、ニンフという種類。
水生昆虫の幼虫が、川底をゴロゴロ転がったり流されたりしている状態を表現するフライ。
(水に浮かべて使うドライフライは、ボックスごと人に貸しちゃっているので、巻いても収納できないし…)

水生昆虫
ニンフボックス1-1

これは何だろう…毛虫?
ニンフボックス1-2

まだ、ボックスの1/10くらいしか巻けていない。
このボックスをフライでいっぱいにするには、何ヶ月かかることやら…
2014-09-01(Mon)

ペスケリアラルーナロッサ

曇り空の中、ランチに出かけた。
最初に行った店が、今日はなんと13:00でランチ営業終わりとのことなので、いつものパスタ屋に向かった。

サラダ
ペスケ9-1

パスタ
ペスケ9-2

パスタは、茄子と自家製リコッタのトマトソースとか、そんな感じ。
トマトソースと、とけたリコッタチーズが絡み合って、濃厚なコクがあっておいしい。

でも、この2回くらい、なんか味が変わったような気がする。

パスタのゆで加減とか、塩の加減とか、細かいところでなんか違和感を感じる。

おいしいことはおいしいのだけど…

シェフが変わったか?

赤坂ランチ/0130
プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR