2016-04-09(Sat)

ロケハン

土曜日、天気がよかったのでドライブを兼ね、今季初戦のロケハンをしてきた。

場所は、栃木県北部。

釣りをするわけではなく、明るいうちに川の様子を見れればいいと思っていたので、下道でのんびりと目的地まで向かう。

最初に行ったのは、栃木県北東部の、「M川」

山間の集落の中を流れる小さな川。

那珂川の支流。

橋から見た川の様子。

M川1

すぐ脇に民家がある。

土手を上流に30mほど歩くと、堰堤がある。

M川2

規模は大きくないけど、何匹か魚がついていてもおかしくない感じ。

もう少し上流まで行ったところ。

M川4

M川5

流れがあまり大きくないので、静かに歩いて、正確なキャストが要求される川だな。

初級者のワタクシには、ちょっと難しい川かも。

何箇所かクルマを停めて川の様子を見たけど、道路や橋から見える範囲で釣りをしている人はいなかった。

小さな川だし、解禁して1ヶ月以上経つから、放流した魚が全部釣られちゃったのかな?


次に行ったのは、那須塩原市内を流れる「Y川」

これも那珂川の支流。

源流は那須岳の中腹。

市内を流れる川なので、付近に公園などもあり、クルマを停める場所には困らないな。

Y川1

ちなみに、公園の桜が満開でした。

今年は、例年になく桜が長持ちして2週間くらい(もっとか?)桜の花が楽めたけど、さすがに東京の桜はこの週末でほぼ終わり。
でも、栃木県の北部はちょうどこの週末が見ごろだったみたいだ。

川の様子。

Y川2

市内を流れる川なので、護岸も整備されていて危険な箇所はなさそう。

周りに障害物もないので、ロッドを振るスペースも十分ある。

こちらは、橋の上から見たプール。

Y川4

水深は、膝から腰くらいまでかな。

しばらく水面を眺めていたけど、見ている範囲ではライズはなかった。

いそうな雰囲気はあるのだけど、確かに魚の反応だ、と思われるものはなし。

ここも、周りが開けているので、釣りやすそうな場所ではある。

でも、この一帯は、国道4号線、東北自動車道、東北新幹線など、交通量の多い道路や鉄道の橋がたくさんかかっている場所なので、魚の警戒心も強いのかも知れない。

それに、開けた平野を流れる川なので、風が強い日は釣りにならなそうだ。

うーん、どの川も一長一短あるなあ。

さて、今年の初戦は群馬にするか、福島にするか、それとも今回見た栃木の川にするか…。

悩みどころだ。

Y川3

それにしても、桜がきれいだった。
スポンサーサイト
2016-04-03(Sun)

シーズン初戦は...

日曜日、シルクドソレイユのトーテムを観にお台場へ。

トーテム

比較的いい席だったので、とても楽しむことができた。

人間って、凄いね…

で、そのトーテムを観終わってから、デックス東京ビーチの中に入っているWILD-1へフライ用品を見に行った。

そしたら、同じWILD-1だけど、普段は別の店舗にいる、いろいろフライのことを教えてくれるお気に入りの店員さんがいた。
(普段は、ワタクシの最寄りのWILD-1印西店にいる○川さん)

あれ!!?なぜここに?って感じで驚いてしまった。

年度が変わったので、店舗の異動があったのかと思い聞いてみたら、そうではないらしい。

デックス東京ビーチ店のスタッフが不足しているので、ヘルプに来ているらしい。
週に何度かこちらに来ているとのこと。

いや、それにしても驚いた。

今年はもうどこかへ行きましたか?と聞かれたけど、残念ながらまだ報告できることが何もない。

でも、去年教えてもらった福島県の某河川が、4月はベストシーズンとのことなので、まずはそこに行ってみようかなと思っているところです、と伝えた。

4月中に1回行けるといいなぁ。

でも、去年のシーズン終わりに行った群馬の川にももう一度行ってみたいし…。

今年の一発目は、福島か群馬か、どちらかにしよう。

というわけで、フライのネタでもなんでもありませんでした。

ただ、フライ関連の記事がだいぶご無沙汰しているので、「忘れてないですよ」という意味も込めて、久しぶりに書いてみました。

次回は、釣りの報告ができるといいな、と思っております。
2016-01-17(Sun)

ブラックパラシュート

久しぶりにフライを巻いてみました。

ブラックパラシュート

BP.jpg

実際の出番は真夏になるだろうから、春先の解禁直後には使わないだろうけど、とりあえず巻いてみた。

このフライめがけて魚がパシャっと出てきてくれたらいいなあ。

今年こそはたくさん釣らなければ。
2015-09-16(Wed)

今シーズン、終わりました...

自然渓流のフライフィッシングは9月30日までで、それ以降は禁漁期に入る。

なので、今年はもう行けるチャンスはないかな?とあきらめていたけど、最後の最後、師匠と一緒に行くチャンスに恵まれた。

場所は、群馬の西の方の山奥。
御巣鷹山のすぐ下の谷。

川で言うと、神流川(かんながわ)のかなり上流。

朝、9:00ごろに川に入り、16:00過ぎまで竿を振り続けた結果…

釣果ゼロ

師匠曰く、この日は水量がいつもよりかなり多くて難しいコンディションだったとのこと。
そんな中、師匠はきっちりグッドサイズのヤマメを釣りあげているのだから、まあコンディションのせいだけにはできないな。

まだまだ腕が未熟だということだ。

一匹も釣れなかったけど、でも自然の中で一日思う存分竿を振ることができて、それはそれで楽しかった。

これで思い残すことなく、シーズンオフに入れるな。

シーズンオフは、またフライをたくさん巻こうっと。

見た目、きれいに巻けているように見えるフライも、実戦でいろいろ使ってみると改善点がいくつか見えてきた。

師匠↓

神流川1

ここは丹念に探ったけど、魚は出なかった。

師匠が立っているあたりは、いつもは水はないはずなんだけど、相当水位が上がっていたようだ。

上流に、大きなダムがある。
この日は雨が降っていなかったのに、水位の調整のためか、ものすごくたくさん放水していた。

こりゃ、ダメなわけだわ。

神流川2

神流川3

このダムのスペックは、後日UPします。

まあ、そういうわけでワタクシの今年のフライフィッシングのシーズンはこれにて終了。

魚はあまり釣れなかったけど、怪我もなく楽しく終われたのでとりあえずよかったです。

現場からのレポートは、また来年の春に。
2015-06-28(Sun)

新しい戦法を教えてもらった…

夏風邪を引いてしまい、週末はずっと家で寝ていた。

おとなしく寝ていたおかげで、今日の夕方にはだいぶ症状が改善したので、いつものフライショップに行ってみた。

お気に入りの気さくな店員さんがいたので、
なかなか釣りに行けないまま梅雨入りしちゃいましたね~
実は僕は山登りもやるので、梅雨が明けたら山にも登らないといけないんですよ~
みたいな話をしていたら、
店員さんが、「山もやるんですか!じゃあ…」といって、超画期的な方法を教えてくれた。

まあ、そういうこともできるだろうなと、なんとなく思ってはいたけど、
実際に店員さん本人がそれを実践しているとのこと。

それができる場所や、実際に店員さんが去年行った場所まで教えてくれた。

しかも、それが本に載っているとのこと。

ここに出てるんですよ~と言って見せてくれた本を買ってきた。

モデル

今年の夏は、これをやろう。

名付けて、一石二鳥作戦。

フフフ
プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR