2018-05-23(Wed)

藤原ダム

藤原ダム

所在地:群馬県利根郡みなかみ町
ダム型式:重力式コンクリートダム
堤高:95.0m
堤頂長:230.0m
総貯水容量:52,490,000㎥

このダムは、先に紹介した3つのダムの下流に位置するダム。
ダムの堤頂の上に道が通っている。
県道63号線というのかな?

堤体の横に駐車場があるので、
そこに車を停めて、ちょっと見学。

Fダム①

Fダム③

Fダム②

風がなく、湖面が波立っていなかったので、
対岸の木々や空、雲まで鏡のように映している。

Fダム④

この構築物はなんだろう?
クレーンのような鉄骨の構築物。

船を下ろしたり上げたりするときに使うのかな?

この道は何度か通ったことがあるので、ダムがあることは知っていたけど、
車を停めてじっくり見たのは初めてかも知れない。

オーソドックスな、重力式コンクリートダムなので、
ダム自体にはあまり特筆すべきことはないのだけど、
ダム湖がきれいだった。

今回は新緑の季節だったけど、紅葉の季節もまたよさそうだな。

ダムNo.0015/藤原ダム
スポンサーサイト
2018-05-16(Wed)

矢木沢ダム

矢木沢ダム

所在地:群馬県利根郡みなかみ町
ダム型式:アーチ式コンクリートダム
堤高:131.0m
堤頂長:352.0m
総貯水容量:204,300,000㎥

大きなダムです。
関東では最大規模のダムの一つではないかな?

須田貝ダムによってできたダム湖、洞元湖を数キロ遡った先にあるダム。
車でダムの堤頂まで行ける。

Yダム②

左側がダム湖、右は谷。
右奥に向かってアーチを描いているのがわかるかな?

Yダム①

ダムの高さは、130m超なので、かなり深い谷にできているはずなのだけど、
そう感じないほど、周囲は開けている。

ダムを横(上)から見たところ↓

Yダム⑧

比較対象がないのでわかりにくいけど、
相当な大きさ。

怖くて真上から下を覗き込むことができない。

Yダム⑦

このアングルが精いっぱい…。

足がすくんでしまう高さ。

ダム湖の方を見ると…
背景は、群馬新潟の県境の山々、
まだ雪が残っている。

Yダム⑤

Yダム③

一つ一つの構築物が大きくて、
規模感というか、遠近感というか、そういうのがわかりづらい。

Yダム⑨

雪解け水を湛えて、ほぼ満水状態。

うーん、写真が下手くそ過ぎて、凄さが全く伝わらない。
悔しい。

実物は、とにかく凄いので、
ダム好きの方で、まだ矢木沢ダムを見たことがない方は、
ぜひ訪れてください。

ダムNo.0014/矢木沢ダム
2018-05-14(Mon)

須田貝ダム

須田貝ダム

所在地:群馬県利根郡みなかみ町
ダム型式:重力式コンクリートダム
堤高:72.0m
堤頂長:194.4m
総貯水容量:28,500,000㎥

このダムは、見えにくいところにあるので、
カーナビなどで見ていなければ、
車で走行中に発見できる人は少ないのではないかな?

このダムによってできたダム湖(洞元湖)の両岸には道路があるので、
ダム湖はよく見えるのだけど、ダムの場所がどこなのか、
非常にわかりにくい。

ダムGW⑦

矢木沢ダムに向かう途中の道、車から降りて撮影。

木に隠れて、よく見えない。

立ち位置を変えて、少しズームで撮ったのがこれ↓

ダムGW⑥

あまり変わらないか。

矢木沢ダムから流れる川と、奈良俣ダムから流れる川が合流するところを
せき止めているダム。
けっこう重要な位置にあるダム。

ダムGW⑧-1

Googlemapで見ると、ダム湖の様子はわかるけど、
ダムがどこにあるのかわかりにくい。

なので、ちょっと加工してみた。

ダムGW⑧-2

上にあるのが矢木沢ダム、右が奈良俣ダム、
真ん中下にあるのが、須田貝ダム。

近くにもっと特徴的で大きなダムがあるので影が薄いけど、
他の場所に単独であったらもっと脚光を浴びてもいいくらいのダムなんだよね。

頑張れ、須田貝ダム!

ダムNo.0013/須田貝ダム
2018-05-10(Thu)

奈良俣ダム

奈良俣ダム

ダムGW①

所在地:群馬県利根郡みなかみ町
ダム型式:ロックフィルダム
堤高:158.0m
堤頂長:520.0m
総貯水容量:90,000,000㎥

久しぶりにダムの記事。

このダムをブログにUPするのは、2回目。
前回は、2013年10月となっているから、
六ちゃんたちと武尊山(ほたかやま)に登ったときに寄ったのかな?

ダムカテゴリーに最初に記事をUPしたのが、この奈良俣ダム。
記念すべき、「ダムNo.0001」のダムだ。

4年半ぶりに訪問。

相変わらずの、圧倒的なスケール感で出迎えてくれた。

大きな石を積み上げたロックフィルダム。

ダムの下の池?これ、なんて言うのかわからないけど、
川に流れ込む前の大きな水たまりというかなんというか、
そこの水面をしばらく眺めていたら、渓流魚の何かがライズした。

ヤマメか、ニジマスか、そんな感じだった。

深いところから、すーっと上がってきて、
水面に一瞬だけ口を出して、エサらしきものを吸いこんで、
また深いところに沈んでいった。

ということは、だ、

ここにフライを流せば、この魚が釣れるということだ。

でも、残念ながらこの日はフライの道具は持ってきてないし、
それより何より、寒くて外に出ていられなかった。

雨が降ったりやんだりだったし、
気温も、お昼過ぎのこの時間で、5℃あったかどうか。

上に羽織る長袖は一応持って行ったけど、
5月なんだからそこまで寒くはないだろうと甘く見て、
半袖を着てきてしまった。

ダムGW②

たまたま雨の切れ間に日が差し込んで明るくなったので、
写真で見るとそれほど寒そうに見えないけど、超寒かった。

なので、先ほどのライズの主が、ヤマメなのかニジマスなのか確かめることもなく、
(次のライズを待つ間の寒さに耐えられず)
早々に退散。

そして次のダムに向かいました。
2016-04-24(Sun)

草木ダム2

草木ダム

所在地:群馬県みどり市
ダム型式:重力式コンクリートダム
堤高:140.0m
堤頂長:405.0m
総貯水容量:60,500,000㎥

何度も見ているので、このダムを見に行ったというわけではないけど、ドライブのついでに寄ってみた。

草木ダム1

大きすぎて枠に収まらない。

草木ダム2

草木ダム3

なんか、いつも同じ写真を撮っている気がする。

それにしても、大きなダムだ。

この日は群馬側から日光に抜けるルートの途中で寄ったが、目的は別のところにあるので早々に次の目的地へ。

日光から今市を通り、鬼怒川をどんどん遡り…、

川治温泉へ。

今日の主目的はフライのロケハン。

ロケハン0424-1

あー、やってるやってる。

100mくらいの間に3人くらい入っている。

ドライフライを流している人、ニンフを沈めている人、どっちも釣れてないなあ。

もう少し下流でもやっている人がいる。

ロケハン0424-2

写真では人が小さすぎてわからないか。

青い橋の右奥からもう一本川が流れてきていて、ちょうど青い橋の下で合流しているのだけど、その合流ポイントの岬の突端に一人立っている。
しきりに竿を振っているけど、釣れている気配なし。

ちょっと今日は水量が多いな。

上のダム(五十里ダム)が放水しているのかな?

というわけで、その上の五十里ダムのさらに上流まで行ってみると…

ロケハン0424-3

ここは適量。
ちょっと少ないか?

コンディション的には悪くなさそうだけど、この付近で釣りをしている人はいない。

さて、どこでやったらいいものか。

この日はロケハンだけで終わりました。
プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR